【青春の記録】1話~4話ネタバレ見どころ。無名俳優はスターになれるのか⁉ | Dramas Note

【青春の記録】1話~4話ネタバレ見どころ。無名俳優はスターになれるのか⁉

作品紹介

【青春の記録】1~4話ネタバレ見どころ。放送前からNetflixを通じて、全世界約190か国に公開することを決定していた異例の期待作【青春の記録】。特に、主演のパク・ボゴムが入隊前の最後の作品ともあり、注目を集めています。期待通り、連日同時間帯1位の視聴率を叩き出しており、好調なスタートを切りました。現在放送中の【青春の記録】の最新話までの見どころをご紹介していきます。

© CJ ENM All Rights Reserved.
公式サイト
 Netflix公式サイト

製作

製作:2020年 韓国

原題:청춘기록

監督:アン・ギルホ

放送局:tvN

キャスト:パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク、クォン・スヒョン

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年9月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

予告動画
青春の記録 | ティーザー予告編2 | Netflix
スポンサーリンク

【青春の記録】1話~4話ネタバレ

親友同士でスターを目指す!

サ・ヘジュン(パク・ボゴム)とウォン・ヘヒョ(ピョン・ウソク)は、小学校からの同級生で共に俳優で成功することを夢見ていました

貧しい家に生まれ育ったヘジュンは常にデキのいい兄と比べられ、できないことは早々に見切りをつけるタイプですが、俳優の夢だけは諦められないでいました。

一方で、裕福な家に生まれ恵まれた環境で育ってきたヘヒョは、SNSのフォロワーを着々と増やしつつCMやドラマで精力的な活動しています。

そんな2人は何でも報告し合い、どんなに売れても変わらないと断言するほどの大親友。

しかし、期待の新人として扱われるヘヒョに比べて、なかなかオーディションに受からず複数のアルバイトを掛け持つヘジュンとの間に差が開き始めます。

それに対して業界の対応は厳しく、ヘジュンとヘヒョは以前から常に一緒に行動していたのにもかかわらず、右肩上がりのヘヒョといるとヘジュンは”おまけ”扱いされることも。

そんな中、ヘジュンにヘヒョと一緒の仕事が入ります。

ところが、実はこの仕事はヘヒョが「ヘジュンと仕事をしたい」と上司に頼み込んだものでした。

その事実を知りプライドが傷つけられたヘジュンは、次第にヘヒョと距離を置き始めます。

7年間もモデルなどの活動をしてきたのに、世間のヘジュンへの認知度は低いものでした。

さらに、唯一の味方だと思っていた家族からも、いい加減に現実を見るよう叱責されてしまうのです。

運命の出会い

ある美容院で、メイクアップアーティストを夢見てアシスタントとして働くアン・ジョンハ(パク・ソダム)は、大企業を辞めて転職した遅咲きながらも、アシスタントで指名を受けるほど腕の良さを認められていました

ところが、いつも先輩デザイナーの顧客から指名を受けたため、顧客を横取りしようとしていると誤解され目の敵にされてしまいます。

そんなある日、出張でファッションショーの仕事に同行することになったジョンハは、長年のファンであるサ・ヘジュンに会えることに胸の高まりを抑えられずにいました。

しかし、ジョンハのヘジュンとの夢の対面も緊張のあまり冷たく接したうえ、またも先輩デザイナーから誤解を受けてヘジュンの前で叱りつけられてしまいます。

そんな失敗ばかりの1日に涙を流すジョンハですが、唯一の支えであるヘジュンの画像を見ながら「サ・ヘジュンはなぜこんなにかっこいいの、ファンで良かった」とつぶやきました。

その時、突然ヘジュンが現れジョンハの待ち受け画面に自分が写っているのを見て、ファンなのかとジョンハに尋ねます。

しかし、突然のことに驚いてしまったジョンハは、「あなたではなく、ウォン・ヘヒョのファンだ」と嘘をついてしまったのです。

スポンサーリンク

【青春の記録】1話~4話の見どころ

”大人”の青春

本作は、20代後半で夢を追い続けることに対する世間の冷たさや、夢を諦めて生きてきた大人たちなど、現代社会の厳しさをとてもリアルに描いています。

誰もが抱える様々な悩みを反映されていることから、共感できるストーリーとなっているのも最大の見どころであり人気の理由でもあります。

20代後半にもなって韓国特有の兵役を控えながらも芽の出ない俳優業を続けていることで、周囲からは冷たい目で見られ家族からも非難されるヘジュン。

大企業という安定を捨て夢に飛び込んだジョンハは、上司に顧客を横取りしたと誤解されいびられる日々を送っていたり……。

それに比べて順風満帆に見えるヘヒョも過干渉な母を持ち、親友であるヘジュンとの差が開くにつれて気まずさを感じ始めています。

20代後半から30代にかけて感じる現実とやりたいことのギャップや、それに対しての周囲の反応など、若者が様々な葛藤を抱えるその姿は”大人”の青春そのもの。

サ・ヘジュンを演じるパク・ボゴム自身も兵役直前の撮影だったり、等身大の配役がまたストーリーをより引き立てているのです。

俳優と一般人の恋愛⁉

現在ほぼ無名俳優ではあるものの、映画に端役で出演するなど俳優業をしているヘジュンと、メイクアップアーティストの卵として働く一般人のジョンハ。

ひょんなことから友達となった2人は、連絡先を交換して連絡を取り合ったり一緒に出掛けたりするようになりました。

これは決してヘジュンが無名だからではなく、彼の思いやりがあって謙虚な性格ゆえのもの。

一方でジョンハもヘジュンの長年のファンではあるものの、理想と現実は一緒にしないというモットーから、ヘジュンとのことは恋愛として見ないように心掛けています。

そんな2人ですが、互いに気を許せる仲となっていき、次第に唯一心を許せる相手となっていきました。

そんな中、ヘジュンと同じくジョンハの美容院に通うようになったヘヒョも、物事をはっきり言うジョンハのことが気になっている様子。

お互いの抱える悩みや弱い部分を共有することで、急接近し始めたヘジュンとジョンハですが、ヘヒョもまたジョンハが気になっているため、この3人の関係がどうなっていくのか目が離せません!

様々な家族の形

ヘジュンの家族

とにかく現実的で厳しい親や愛情の希薄な親など、タイプの違うそれぞれの親が抱く親心や家族の形も本作の見どころのひとつです。

ヘジュンの両親は優しく理解を見せる母エスク(ハ・ヒラ)と、現実的でなんとか普通の人生を送らせたいと思っている父ヨンナム(パク・スヨン)。

エスクはヘジュンのことをよく理解しようと、ヘヒョの家でお手伝いさんとして働き始めます。

そのためヘジュンは、ヘヒョのおさがりの洋服を着たりするなど複雑な状況に置かれてきました。

ヨンナムは、銀行員として働く兄ギョンジュン(イ・ジェウォン)を誇りに思うあまり、ヘジュンと比べてつらく当たることもしばしばで、ヨンナムの影響を受けたギョンジュンまでもヘジュンを否定するようになりました。

そんなヘジュンの理解者は、祖父ミンギ(ハン・ジニ)とエスクのみでした。

しかし、実はそんなヨンナムもヘジュンに好きなことをさせてやりたいという気持ちはありました。

けれども、年齢も重ねてきて兵役にもまだ行っていないヘジュンの将来を心配して、夢をあきらめるよう強く言い聞かせていたのです。

ヘヒョの家族

ヘヒョの両親は、ヘヒョをスターにすべく翻弄する母イヨン(シン・エラ)と、大学理事長を務め俳優業は遊び程度に考えている父テギョン(ソ・サンウォン)。

将来は子供たちに財団を継がせたいと考えているテギョンは、ヘヒョの俳優業は社会経験のうちだとしか考えていません。

ところがイヨンは、何としてもヘヒョを俳優業でスターに上り詰めさせたいと考えており、ヘヒョのSNSのフォロワーを購入してフォロワー数を細工したり、映画製作会社や記者などを接待するほどの熱血ぶり。

イヨンの手段はいかにもお金持ちらしく卑怯なやり方に感じますが、これもまた全て子どものことを思ってのことでした。

ジョンハの家族

ジョンハの家族は今のところ母と電話していたシーンしかないため、父親がいるのかどうかはわかりません。

その電話も過去の回想シーンで、ジョンハは母に送るお金を催促されているようでした。

さらにジョンハは妹と2人暮らしをしていたようで、妹のために期末試験の補習を受けてあげたり、母から妹の誕生日には”姉として”何かしてあげるよう頼まれていました。

このようにジョンハはずっと姉として自立して生きていくしかなかったため、ヘジュンから受けた何気ない優しさに感動したのも納得できます。

スポンサーリンク

【青春の記録】プチ情報

最新話は何話?配信はいつ?

現在、【青春の記録】はNetflixにて独占配信中です。

毎週月曜日火曜日に1話ずつ配信されています。

5話9月21日6話9月22日の配信開始です。

韓国内での評価や視聴率は?

【青春の記録】の放送は、韓国内の放送とNetflix共に同日からスタートしました。

韓国での1話の放送は、視聴率(平均7.8%最高10.3%)、同時間帯視聴率1位tvN歴代月火ドラマ1位という快挙を達成し、各種有料プラットフォームでも同時間帯視聴率1位を獲得して話題を集めました。

さらには、放送直後の各種ポータルサイトの検索語ランキングさえも掌握する人気っぷり。

これには主演であるパク・ボゴムの効果もあるのでしょうが、内容も評価されており、青春ドラマながらも熱血ではなく現実味のある内容が視聴者の心を掴んだようです。

韓国社会の現実に もがきながら前に進んでいくヘジュンの姿が韓国の人々の共感を得ているようで、【青春の記録】への反応が尋常ではありません。

その内容についても韓国特有の文化や背景はあるものの、韓国に限らず現代社会の抱える問題のリアルな描かれ方は全世界で共感を呼ぶことでしょう。

パク・ボゴムは”パク・ボゴムマジック”と言わしめるほど、これまでに数々の高視聴率を記録しています。

ちなみにパク・ボゴムは、本作でさらに自己最高記録(視聴率11.6%)を更新しました。

毎話ごとに視聴率を上げ続けている【青春の記録】、今後の展開への期待が寄せられています。

カメオ出演が豪華!

大ヒットドラマ梨泰院クラス(2020)主演のパク・ソジュンが、本作へ特別出演することが発表されました。

【梨泰院クラス】(2020)にパク・ボゴムが特別出演したこともあったことから、今回パク・ソジュンの特別出演が実現したとのこと。

パク・ソジュンは既に撮影を終え登場回は中後半、役柄については放送を楽しみにしてほしいと語っています。

スポンサーリンク

【青春の記録】1話~4話の感想

ヒットメーカであるパク・ボゴムが、無名俳優を演じるという設定がなんとも面白い【青春の記録】。

無名俳優がスターになるまでのサクセスストーリーかと思ったものの、20代後半という現実と夢の狭間でもがく1番難しい年代ならではの悩みや、周囲の反応などはとてもリアルで共感できるところばかりでした。

また、とても嫌味な上司なども現実味があるからこそ観ているものを感情移入させてしまうほどで、気が付けばヘジュンやジョンハを応援したくなると思います。

さらには、俳優と一般人の恋愛というまさに憧れの展開も今後期待したいポイントです。

【青春の記録】は現在4話まで配信されており、毎週月曜日と火曜日に配信されているので、次回5話もお楽しみに!