PR

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~3~5話ネタバレ

ファンタジー
© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~3~5話ネタバレ。東方青蒼は橋から突き落とされた小蘭花を受けとめます。東方青蒼は小蘭花が死んだら自分も死んでしまうため「私の視界から離れてはならぬ」と言いますが、小蘭花は好きになられたと勘違いし……。

PR

3話 命簿の修繕

息蘭聖印

小蘭花と花の精は蝶衣の配下に橋から突き落とされました。その時、東方青蒼が現れて小蘭花を受けとめます。蝶衣は東方青蒼に何者かと尋ねますが、東方青蒼は名乗らずに蝶衣の配下を次々と倒し小蘭花を連れ去りました。

もし小蘭花が死んだら東方青蒼も死んでしまうため、東方青蒼は小蘭花に「私の視界から離れてはならぬ」と言います。その言葉を聞いた小蘭花は東方青蒼が自分のことを好きになったと勘違いするのでした。

小蘭花が「きっともっといい出会いがあるわ」と言って帰ろうとすると、東方青蒼は「私にかけた術を解け」と言います。東方青蒼は2人が同期されたのは小蘭花が術をかけたせいだと思っていたのです。

その時、東方青蒼の額に息蘭族の印”息蘭聖印”が浮かび上がります。それを見た小蘭花は私はただの蘭の花の精で術を解けるほど強い力は持っていないと説明しました。

小蘭花を観察した東方青蒼は根が腐っていることに気づきます。根が腐っていることを指摘され怒って帰った小蘭花はせっかく買った根を治す薬を落として行ってしまいました。東方青蒼はその薬を拾います。

同じ頃、蝶衣は海市かいし主に命簿を奪われたことを報告し謝罪していました。

その後、司命殿に帰った小蘭花が薬をなくしたことに気づいて泣き始めると、離れたところにいる東方青蒼も”悲しみ”の感情を感じて涙が流れてくるのでした。

東方青蒼が司命殿に行くと小蘭花は逃げようとしますが、東方青蒼は腕を掴みました。小蘭花が腕を振り払った拍子に留芳閣から持ってきた命簿が落ちます。命簿を拾った東方青蒼はそれが赤地女子のものだと気づきました。

小蘭花が取り返そうとして取り合いになり、命簿は床に落ちてしまうのでした。

赤地女子の命簿

長珩は500年前に傷ついて森の中をさまよっていた時に蘭の仙女に助けられたことがあり、それが小蘭花だったと気づきます。

昊天塔から脱獄があった後、司命殿は見回りがされていないと知った長珩は自ら司命殿に行くことにしました。

司命殿では赤地女子の転生先を知るために東方青蒼が小蘭花に命簿の修繕を命じているところでした。長珩が訪ねても東方青蒼に捕まって出られない小蘭花の代わりに司命殿の花壇に住む雑草の精が応対します。

東方青蒼が怖くて本当のことが言えない雑草の精は長珩に中に入って小蘭花の勉強を指導してほしいと言って引き留めますが、長珩は修行の邪魔はしないと言って帰ってしまうのでした。

その後、小蘭花が長珩に会えなかったことや薬をなくしてしまったことで泣き出すと、東方青蒼も涙が出てきてしまいます。東方青蒼は拾っておいた根を治す薬を小蘭花に見せますが、命簿を修繕するまで返さないと言うのでした。

小蘭花は命簿を修繕しようとしますが、今日は散々な目に遭って疲れているために力が足りません。一晩休んで明日修繕すると言う小蘭花に、東方青蒼は監視するために自分もここに泊まると言い出します。

仕方なく小蘭花は東方青蒼に司命の部屋を使わせることにしました。

PR

4話 蘭の花の刺繡の手巾

同心呪

その夜、小蘭花は罪囚をかくまった罪で長珩に罰せられる悪夢にうなされます。同じ時、司命の部屋で寝ていた東方青蒼も”恐怖”の感情を感じるのでした。

翌朝、東方青蒼が小蘭花を起こしに行くと、まだ起きたくない小蘭花は「外で花の本数でも数えてればいいでしょ」と言います。その時、東方青蒼の額の息蘭聖印が光りました。

すると東方青蒼はなぜか小蘭花に言われたままに庭の花壇の花の数を数えてしまうのでした。東方青蒼は觴闕を呼びつけ、息蘭族の秘術を書き記した「息蘭全書」を持ってくるように命じます。

東方青蒼と觴闕が「息蘭全書」を調べると、”同心呪をかけられると、かけられた者はかけた者と同じ気持ちを感じ同じように傷つく”と書かれていました。しかも”かけた者がめいを発するとかけられた者はそれに抗えない”とのこと。

昼頃起きて来た小蘭花に東方青蒼は数えた花の数を伝えます。小蘭花は「適当なことを言っただけなのに」と大ウケ。東方青蒼は「いい加減なことは二度と言うな」と怒るのでした。

朝食をとらないと命簿の修繕ができないと言う小蘭花を東方青蒼は昼まで寝ていたのに朝食かと言って批判しますが、小蘭花のお腹の音がすると東方青蒼のお腹も鳴ってしまい……。

神芝丸

食事をとりながら小蘭花は東方青蒼に名前を尋ねます。ところが東方青蒼が答えかけたところでくしゃみをしてしまう小蘭花。

自分のくしゃみのせいで名前を”東方きょう”と聞き間違えた小蘭花は姓が極悪な東方青蒼と同じなんて……と言って東方青蒼の悪口を並べ立てます。

その後、小蘭花は大戦の勝利と東方青蒼の封印を祝う餅を作ると言い出しました。小蘭花は餅に”東方青蒼”だと言って不細工な顔を描き、東方青蒼は怒り出します。

結局その日、小蘭花は命簿の修繕をせず、埒が明かないと思った東方青蒼は息蘭族の術を解くために觴闕に”蔵心ぞうしんかんざし”を捜してくるように命じました。

翌日、小蘭花は命簿の修繕に再挑戦しますが、すぐに寝落ちしてしまいます。

小蘭花を診た觴闕は昊天塔で封印に触れたために霊力が損なわれていて完全に回復するまでは命簿の修繕はできないと言いました。しかも回復には年単位の時間がかかるかもしれないとのこと。

その頃、長珩は自分の霊力を使って小蘭花のために神芝丸しんしがんを作っていました。実は長珩が大切に持っていた蘭の花の刺繍の手巾は500年前に小蘭花が長珩の手の傷に巻いてくれたものだったのです。

司命殿では觴闕が息蘭族の術を解く手段を捜しに行くため、東方青蒼が小蘭花を看病することになります。書物で朝露が草木の元神によいと読んだ東方青蒼は翌朝、朝露を集めに行きました。

東方青蒼の留守中、長珩は完成した神芝丸を持って司命殿を訪ねます。ところが従者が雲中君が呼んでいると伝えにきて、長珩は結局小蘭花に会わずに帰るのでした。

PR

5話 東方青蒼の献身

長明火の火種

小蘭花は東方青蒼が苦労して集めてきた朝露を最初は冷すぎて飲めないと言い、東方青蒼が術で温めてやると今度は熱すぎて飲めないと言います。東方青蒼は朝露をフーフーして冷ましてあげました。

挙句の果てに小蘭花は味がなさそうだから花の蜜を加えて飲むと言い出すのでした。

長珩を呼び出した雲中君は拾った蘭の花の刺繍の手巾を取り出し、息山神女との婚約を取り消してこれの持ち主のもとへ行くのかと問い詰めます。

雲中君は長珩に「天命に従い決して間違いを犯さぬように」と念を押して手巾を返しました。その後、長珩は従者に小蘭花に渡すはずだった神芝丸を処分するように言うのでした。

一方、東方青蒼は部屋が冷える小蘭花のために永遠に消えない火と言われている”長明火の火種”を取ってきました。

長明火の火種は危険な地にあることから小蘭花は「私への想いがここまで深いなんて」とまたまた勘違いしてしまうのでした。

翌日の早朝、書物で草花には日の出の光がよいと読んだ東方青蒼はまだ目が覚めていない小蘭花を無理やり連れ出します。東方青蒼が小蘭花を連れて行ったのは雲中君が住む雲中水閣でした。

雲中水閣は許しがなくては入れない場所なので小蘭花は逃げようとしますが、向こうから兵たちが歩いてくるのが見えました。

小蘭花は慌ててひざまずきますが、東方青蒼が隠れ身の術を使っていたので兵たちには見えないようです。

東方青蒼は仙界で一番高い場所にある雲中水閣で小蘭花に日の出の光を浴びさせます。小蘭花は自分の身分では永遠に来られないところに来られたと言って喜び、東方青蒼に純粋にお礼を言いました。

小蘭花の無垢な笑顔に東方青蒼は思わず見とれてしまうのでした……。

百合の羹

そうして数日が経ちますが小蘭花の霊力は回復しません。ある日、東方青蒼が自分の体に痛みを感じて様子を見に行くと、小蘭花が苦しんでいました。

小蘭花は東方青蒼が隠していた根を治す薬を探し出して勝手に飲んだようでした。

東方青蒼は根を治す薬が陽の薬で、火に弱い草が飲めば燃えて灰になってしまうと気づいて隠していたのです。東方青蒼は小蘭花の体から陽の火を除いて立ち去ろうとしました。

小蘭花は泣きながら司命に会いたいと言います。東方青蒼は自分も泣けてきて仕方ないので、小蘭花が以前病になった時に司命が作ってくれたという百合のあつものを作ってやりました。

百合の羹を見て泣く小蘭花。東方青蒼がまだ悲しいのかと尋ねると、小蘭花はうれしかった時や感激した時も泣くのだと教えます。

小蘭花が百合の羹をひと息に飲み干したので東方青蒼は自分には料理の才もあるのではないかと思いました。

ところが小蘭花が部屋に戻った後、東方青蒼が残りの百合の羹を飲んでみるととてもまずくて小蘭花が無理して飲み干していたことがわかるのでした……。

その後、庭の花壇の花に精気が戻ったのを見た東方青蒼は体をいたわればいいと思っていたが心に秘訣があるのだと気づきます。

PR

感想

同期は偶然の事故だと思っていましたが、同心呪という術があるんですね。小蘭花にはそんな術をかける能力はなさそう……ということは一体誰が術をかけたのでしょうか??

長珩は小蘭花に過去に助けられていたことをせっかく思い出しましたが、会えそうで会えない展開が2回も!(涙)しかも兄からは息山神女との婚約について念を押されてしまいましたね。

反対に当初は反発し合っていた東方青蒼と小蘭花は心の距離がだんだん近づいているようです。今後、小蘭花と東方青蒼、長珩の関係がどうなっていくのか楽しみです!

「蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~」© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の情報は公式ページまたは各動画配信サービスでご確認ください。