【13の理由】シーズン3第1話のネタバレ解説。あの事件から8ヶ月。一体ブライスの身に何が起きているのか……? | Dramas Note

【13の理由】シーズン3第1話ネタバレ解説。あの事件から8ヶ月。ブライスの身に何が起きているのか?

 

©Netflix

【13の理由】シーズン3ネタバレ解説。2017年Netflixで最も見られたドラマのひとつとなった今作の、シーズン3の配信が始まりました。

シーズン1・2ではひとりの少女の自殺を機に、高校の闇が浮き彫りになりましたが、シーズン3では少女を自殺に追い込んだ第一の加害者ブライスが行方不明に……。

この記事では、【13の理由】シーズン3の見どころと、第1話のネタバレ解説をご紹介します。

【13の理由】シーズン3第1話ネタバレ

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン1・2のおさらい

【13の理由】シーズン1のあらすじと結末

主人公クレイ(ディラン・ミネット)が学校から帰宅すると、玄関の前には差出人不明の郵便物が届いていました。

その中には、2週間前に自殺した同級生ハンナの声が録音された7本のテープと1枚の地図が入っていたのです。

テープには、ハンナがこの世を去ると決断した“13の理由”が録音されており、次第に高校の闇が浮き彫りになります。

テープには、クレイを始め同級生や教師から受けた仕打ちについて語られており、ハンナが自殺を選んだ一番の理由がブライスから受けた暴行であったことが判明しました。

【13の理由】シーズン2のあらすじと結末

ハンナの死から5ヶ月が経ち、ついにハンナの母親が学校に対して訴訟を起こします。

テープに名前の出た生徒が次々に証言台に立ち、テープでは語られなかった真実が明らかになりました。

クレイはブライスに罪を償わせるため、あらゆる証拠をかき集め奮闘します。

最終的にハンナの母親は訴訟に負けるものの、ハンナに暴行を加えたブライスは婦女暴行容疑で逮捕されました。

しかし、ブライスに下された判決は“3ヶ月の保護処分”という軽いもので、クレイを始め勇気を振り絞って証言台に立った生徒たちには到底納得のいくものではありませんでした。

裁判が終わると、ブライスは転校

一方、写真部のタイラーは運動部にひどいいじめを受けた影響で、自暴自棄になります。

春祭りの日、タイラーはを持って会場に乗り込んだのです。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3の見どころ

新たなレギュラーメンバー登場!

シーズン3のメインキャラクターは、ブライス・ウォーカーで、以下の3人のキャラクターがレギュラーメンバーに昇格しました。

・ノラ・ウォーカー

ブライスの母親で、行方不明となったブライスの名誉挽回のため、クレイたちと戦います。

・モンゴメリー

シーズン1・2でもブライスの取り巻きの1人として登場していましたが、シーズン3ではある秘密を抱える重要人物として、レギュラーメンバーに昇格しました。

すぐ暴力に走ってしまう性格で、タイラーをいじめた張本人です。

・アニ

シーズン3から新しくメンバーに入った、物語の進行役を務める重要人物です。

ハンナの裁判が終わった後に転校してきました。

物語の進行は新メンバーのアニ

シーズン1ではハンナの録音したテープをもとに進行していたため、ハンナ目線で話が進みました。

反対に、シーズン2ではハンナではなく証言台に立つ学生の目線で真実が浮き彫りになり、シーズン3では、新メンバーのアニのナレーションを背景に物語が進みます。

転校してきたばかりのアニは、ハンナの事件やダンスパーティーでの出来事を知りません。

そのため、アニが見たものや感じたこと、教えてもらったことから真実が見えてくるのです。

また、アニの母親がブライスの祖父の介護をしていることもあり、アニはブライスの家で暮らしていました。

そして、誰も知らないブライスの姿も知っていたので、中立の立場から語られることになります。

ブライスの見方が変わるかも?

ハンナを始め数々の女子生徒に暴行を加えていたブライス。

逮捕されるも、白人で裕福な家庭であることから判決はかなり軽いもので、SNS上ではこの判決に納得できないという声が相次ぎました。

あの不気味な笑みと女性を軽視する態度で、超極悪人という印象が強いブライスですが、シーズン3では彼の素顔が明らかになります。

以前は学校を支配していたものの、転校してからは辛い毎日を過ごす日々。

両親の離婚もあり、前の学校での面影は少しもありません。

ブライスの過去の過ちは決して許されるものではありませんが、シーズン3を通してブライスへの見方が変わるでしょう。

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第1話のネタバレ

第一の容疑者はクレイ

物語は、クレイが警察に連行されるところから始まります。

同級生アレックスの父親に取調室に連れてこられたクレイが受けた事情聴取の内容は、ブライスの失踪に関することでした。

先週の金曜日、クレイが通うリバティ高校とブライスの転校先の高校とのアメフトの試合がありましたが、

その試合後にブライスの行方が分からなくなったというのです。

警察が調べたところ、ブライスの部屋からクレイの自転車の鍵が見つかり、数日前に「殺してやる。」とブライスを脅していた目撃証言があることを告げられます。

今回のブライスの失踪は 事件性があると判断され、クレイが第一容疑者にされていたのです。

8ヶ月前の秘密

【13の理由】シーズン3全話エピソード一覧。随時更新中!
【13の理由】シーズン3ネタバレと解説。 秘密、悲劇、薬物、恋愛、性などに関す...…

シーズン2の最終回で、ライターが“銃撃未遂事件”を起こしましたが、クレイとトニーが銃を隠してタイラーを救いました。

事件翌日、真相を知る何人かが集まり、タイラーが2度とこんなことをしないように、みんなで監視することにします。

しかし、アメフトの主将を務めるザックは警察に通報しないことに苛立ちを感じていました。

ザックは事件のことは何も口外しないことを約束し、タイラーの件に関わらないことにします。

あの日から8ヶ月が経ち、学校に通えるまでになったタイラーですが、当時自分をいじめていた主犯格のモンゴメリーを見ると動悸が止まらなくなってしまいました。

遺書まで用意してあったタイラーをどうしても助けたかったクレイは、自分がタイラーを守ることを決意したのです。

ザックとブライスはまだ繋がっている?

ブライス失踪前に行われたアメフトの試合で、“乱闘事件”が起こりました。

アメフト部主将ザックは顔がアザだらけで、松葉杖をつくほどの大怪我を負ってしまいます。

当時、ザックは相手高校の“82番”の選手にタックルをされたとジャスティンに話していましたが、ブライス失踪の手がかりを見つけるために試合の写真を見てみると……。

ザックにタックルしたのは、“83番”をつけたブライスだったのです。

なぜザックは嘘をついたのか?

ラストシーンで、ザックは暗い波止場で電話をしていました。

「ブライス、どこにいるんだ?」

8ヶ月前に転校したブライスですが、ザックとブライスは今でも関わりがあったのでしょうか?

スポンサーリンク

【13の理由】シーズン3第1話の感想

アニやクレイの回想を交えながら複雑な時間軸の流れで展開され、とても不思議な雰囲気を味わいました。

ブライスがいなくなり、ブライスとつるんでいた元生徒会長マーカスは女性軽視で追放され、リバティ高校ではシーズン1・2とはまた違った空気が流れています。

しかし、それぞれが秘密を抱えていて、まだまだ“平穏”とは程遠いように感じました。

一方で、ブライスの涙がすごく印象的に思います。

あまりに残忍な行為を繰り返してきたブライスですが、裕福でありながらも愛に飢えていたため、そういった行為に及んだのではないのでしょうか。

そうであるならば、家で誰にも見せず流した涙こそが、本当のブライスなのかもしれません。

いずれにせよ、ミステリー要素が多く残った第1話でした。