PR

【雲間の月は輝きて】31話・32話・33話のネタバレ感想|残酷な筋書き

PR
ラブロマンス
©Yoyocao Film and Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved.

【雲間の月は輝きて ~運命の恋人~】31話・32話・33話のあらすじとネタバレ感想。雲王爺は秦玉凝の仕込んだ毒針により、容景の目の前で命を落としました。そこへ現れた雲浅月は、容景が雲王爺を殺したのだと誤解するのでした。

PR

31話のネタバレあらすじ

Movie Poster

皇帝(夜軽染)と拓拔葉倩を2人きりにするため、雲浅月は息子の凌を連れて雲王府に里帰りしました。

そんな中、秦玉凝は雲王爺を誘拐して容景と引き合わせます。

そしてその裏で、秦玉凝は雲王府に雲王爺の居場所を知らせたのです。

雲王爺は秦玉凝の仕込んだ毒針によって、容景の目の前で命を落とします。

ちょうどそこへ、雲浅月をはじめとする雲王府の者たちが駆けつけました。

雲浅月は容景が雲王爺を殺したのだと誤解し、容景への憎しみを募らせます。

その様子を物陰から窺う秦玉凝は、筋書き通りだとほくそ笑みます。

「楽しい里帰りの最中に祖父が最愛の人の手にかかって死ぬ。完璧な筋書きだわ」

雲浅月が悲しみに暮れる中、南凌睿は雲王爺を誘拐したのが秦玉凝だと突き止めます。

南凌睿は秦玉凝を捕らえて監禁し、男たちに彼女の体を弄ばせるのでした。

一方、雲浅月は容景を呼び出し剣を突きつけます。

そこへ、あとをつけていた皇帝が現れ、容景を捕らえて投獄しました。

PR

31話の感想

雲浅月と容景の恋模様がこじれにこじれてきました。

残り数話しかない中できちんと誤解が解けるのか、心配になってしまいます。

今回、印象的だったのは南凌睿で、秦玉凝に対する冷酷な眼差しは【山河令】の蠍王を彷彿とさせるものがありました。

しかも、男たちに体を弄ばせるとは、なかなか残酷なことをしますね。

PR

32話のネタバレあらすじ

Movie Poster

上官茗玥は生まれて間もない雲浅月の息子・凌を拉致し、返してほしければ容景を釈放しろと条件を突きつけます。

雲浅月と皇帝は憤りながらも条件を飲み、容景と凌の身柄を交換しました。

その頃、南凌睿に監禁され男たちから凌辱された秦玉凝は、冷邵卓に救出され秦王府に戻ります。

そんな彼女のもとに第3皇子が現れ、宰相が持っている“虎符”を寄越せと迫りました。

第3皇子の態度から、自分はただ利用されていただけなのだと気づいた秦玉凝は縁を切ると宣言。

すると、第3皇子は秦玉凝を誘拐して秦宰相を呼び出し、虎符を奪うなり秦宰相を殺害したのです。

一方、鬱状態の雲浅月を心配する皇帝は、どうにか彼女の心痛を軽くしたいと考えていました。

そんな時、“情念を断ち切ることのできる月岐国の呪術”があると知ります。

その呪術を雲浅月に試そうと考えた皇帝は、月岐出身の拓拔葉倩に協力を求めました。

拓拔葉倩は「この術を依頼した者には代償がついて回ります。もし相手が過去を思い出せば 五臓六腑が腐って死ぬ」と教えます。

しかし、皇帝はどんな代償も払うつもりだと言うのでした。

PR

32話の感想

想像していたよりも鬱展開になってきたこのドラマ、幸せになれそうな人が誰もいなくて余計に鬱々としてしまいます。

秦玉凝にしても、報いを受けたと言えばそうなのですが、あまりにも容赦のない制裁に、スカッとするよりも気が滅入ってしまいました。

こうなると悪人は全員、いい死に方はしなさそうですね。

PR

33話のネタバレあらすじ

Movie Poster

皇帝は拓拔葉倩の協力のもと、情念を断ち切る呪術を雲浅月に実行しました。

それにより、雲浅月は辛い過去の記憶を失い、容景のことも完全に忘れてしまいます。

皇帝は念のため雲浅月の侍女・彩蓮を呼び出し、雲浅月に容景のことを思い出させないよう気をつけろと釘を刺しました。

そんな中、拓拔葉倩は雲浅月の息子である凌をさらって雲浅月を崖におびき出し転落させます。

雲浅月が行方不明となり、いても立ってもいられない彩蓮はひそかに容景に会いに行き、雲浅月を探してほしいとお願いし、雲浅月が一部の記憶を失ったことも伝えました。

捜索を始めた容景は崖下で意識を失っている雲浅月を発見、小屋に運んで介抱します。

目覚めた雲浅月は本当に容景のことを覚えておらず、容景に「一緒に息子の凌を探してほしい」とお願いしました。

容景はその頼みを聞き入れ、2人は夫婦のふりをしながら凌を探しはじめます。

一方、虎符を手に入れた第3皇子は兵を集めて反乱を起こし 容景の仕業に見せかけます。

PR

33話の感想

雲浅月から辛い記憶が消えて笑顔が増えたのは良かったけど、いつか記憶が戻ったら、呪術を依頼した夜軽染は死んでしまうのですよね。

それを分かった上で呪術を決行した夜軽染の愛が重い!

容景を忘れたからと言って、雲浅月が夜軽染を愛するようになるかは分かりませんが、ひとまず、夜軽染が雲浅月と幸せな時間を過ごせて良かったです。

一方の容景も切ないかぎりでした。

忘れた側よりも、覚えている側のほうがつらいですし、その状態で夫婦のふりをしなくてはならない容景はさぞ胸がつぶれる思いだったはず。

でも雲浅月が忘れているからこそ、もう一度関係をやり直せるかもしれませんね。

©Yoyocao Film and Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved.
本ページの情報は2023年9月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。