【武則天 The Empress】9話・10話。女帝が愛した2人の男性とは? | Dramas Note

【武則天 The Empress】9話・10話。女帝が愛した2人の男性とは?

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想9話・10話。

今回は、如意だけではなく様々な人たちのエピソードがふんだんに盛り込まれています。

徐慧との深い信頼関係や、如意の陛下への想いも注目ポイント。


何より、稚奴の初登場が見どころです!

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ9話

義姉妹の誓い

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

掖庭えきていで労役中の如意に、親友の徐慧じょけいから豪華な食事と“会おう”と書かれた手紙が届きます。

夜になり、手紙に書かれていた場所に向かうとすでに徐慧は来ていました。

掖庭の塀ごしに話す2人。

如意は、徐慧の昇格を聞き「陛下の詠んだ詩をすべて暗記しているあなたが寵愛を受けるのは当然ね」と喜びを分かち合います。

実は徐慧は、陛下の詩集をすべて集めるほどのファンで、入宮する前からひそかに陛下を慕っていたのです。

2人はお互いの身を心配しあい、特に徐慧は、厳しい環境ですごす如意のことが心配でたまらない様子。

「女官や大監にお金を与えて、如意がひどい目にあわないようにするわ」

徐慧の心づかいに感動した如意は、義姉妹になってほしいとお願いをします。

そして、母からもらった大切な腕輪を徐慧に渡すのでした。

彭婆の過去

ほう婆は、如意のことを“あの男”の回し者だと思い込んでいましたが、少しずつ如意のことを信用し始めたらしく、自身の過去を話し始めます。

・かつての彭婆は乳母だった

・ある3人の兄弟は彭婆の乳を飲んで育ち、実の母のように慕ってくれた

・その中の坊ちゃんは特に優しくしてくれて、一生面倒を見てくれるとも言ってくれた

・しかし、ある日突然、坊ちゃんとその家族は皆殺しにされた

・殺したのが“あの男”で、坊ちゃんの実の兄弟でもある

彭婆いわく、1か月後に“あの男”が掖庭に来るとのことで、“あの男”へのふみを代筆してほしいと如意に頼むのです。

羅玉珊の逆襲

貴妃から“如意の顔を傷つける”よう命じられた羅玉珊らぎょくさん

彼女がいつも韋貴妃に従っているワケは、交換条件として掖庭のにいるてい子章との面会を許されているからでした。

羅玉珊と鄭子章はかつては恋人でしたが、鄭子章の裏切りによって掖庭に送られたと思い込んでいる羅玉珊は彼を激しく恨んでいます。

それでも面会を望むのは、悲惨な彼の姿を見て気を晴らすため……。

そんなある日、「鄭子章が死んだ」と聞いた羅玉珊は、彼の遺体と面会します。

うなだれて掖庭に戻る羅玉珊。

普段大きな態度を取っている羅玉珊が気落ちしているのを見て、労役者たちはいい気味だとばかりに笑みをこぼしますが、如意だけは違いました。

心配した如意は食事をもって羅玉珊のもとへ行き、話を聞いてあげます。

当時、羅玉珊は鄭子章の子を宿していた

それなのに、鄭子章は出世のための縁談話を受けたいから、子をおろせと言ってきた

挙句、鄭子章の裏切りにより羅玉珊は掖庭で一生をすごすことに……。

その恨みから、毎年面会をして彼の悲惨な姿を目に焼き付けてきた、と話す羅玉珊。

けれども如意は、一度やぶって貼り直してある彼からの手紙を見て気づくのです。

「愛しているのね。手紙を手元に残しているのは忘れられないからでしょう?」

そして、如意が手紙をよく見てみると、書かれているのは裏切りの内容ではなく「会いたい」といった文章でした。

羅玉珊は文字が読めないため、いつも韋貴妃の侍女である春盈しゅんえいに読んでもらっていたのです。

後日。

羅玉珊は春盈に手紙のことを問い詰めました。

すると、春盈は手紙の内容を偽っていたことをあっさりと認めます。

韋貴妃に一生を捧げる者が必要だったから仕組んだことだと。

“鄭子章との面会”を条件にすれば、羅玉珊が韋貴妃に一生従うと踏んだのでしょう。

「それに、韋貴妃は子を宿す女が一番お嫌いなのよ」と春盈。

羅玉珊は春盈に襲いかかりますが失敗し、掖庭の獄に入れられてしまいました。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】10話のネタバレ考察

李泰の登場!

一か月後。

羅玉珊は掖庭の獄から出てきました。

如意と羅玉珊は、顔を合わせるなりお互いに名乗りあい、あらためて自己紹介をするのです。

一時は争っていた2人が、完全に和解をした瞬間でした。

一方で、韋貴妃と李泰り・たいは密会をしていました。

李泰は、陛下の4男で魏王でもあります。

会話の内容から推測するに、2人はお互いの目的のために手を組むようです。

韋貴妃は皇后になるために、李泰に力添えを頼む

李泰は皇太子になるために、韋貴妃に力添えを頼む

もしかすると皇太子の落馬事件は、皇太子の座を狙う李泰の仕業だったのかもしれません。

“あの男”の正体が判明

彭婆のもとに、“あの男”からの贈り物が届きます。

“あの男”を恨んでいる彭婆は受け取るつもりがなく、如意に贈り物を返してきてくれと頼みました。

「東南門の前に置いてきてくれ」

指定の時間に東南門まで来た如意が、物陰に隠れて様子を伺っていると……。

姿を現したのは陛下でした。

“あの男”とは、陛下のことだったのです

「彭婆から何を聞いた」

「ご兄弟を殺した話を聞いただけです。でも私は、誰が何を話そうとも、自分の目に映る陛下だけを信じます」

如意がそう言うと、陛下は本音をこぼします。

昔のように彭婆に“恵児”と呼んでもらえることを痛切に願っていると。

稚奴(ちぬ)の登場に注目!

如意が掖庭で洗濯をしていると、ひとりの少年が人形あそびをしていました。

如意が声をかけますが、少年は働き人とは親しくしないと言ってそっけなく返します。

ところが、やはり如意のことが気になるのか、少年は如意のあとをついてきて名乗るのでした。

「私は稚奴ちぬだ」

稚奴は、第1話で女帝の如意が「愛した男性が2人いる」と言っていたうちの1人。
陛下の9男。今はまだ幼い少年。

稚奴は、人形あそびをしながら「兄弟にいじめられている」と如意に打ち明けます。

如意は、やられたらやり返せとアドバイスをした後、人形劇をしたいから新しい人形を作ってくれないかと稚奴に相談。

如意は、人形劇を通して陛下と和解するよう彭婆を説得するつもりなのです。

すると、稚奴は影絵芝居にしようと提案し、羅玉珊の手も借りて彭婆に影絵芝居を披露しました。

初めは嬉しそうに見ていた彭婆でしたが、物語が核心(陛下の兄弟殺し)に迫った瞬間に憤慨し芝居をやめさせます。

直後、ふと稚奴に目をやった彭婆は、「恵児、恵児や」と言って抱きしめようとしました。

そんな彭婆の様子に、稚奴は初めは怯えていたものの、彭婆の涙を見て抱きしめ返してあげるのです。

ある夜、掖庭にいる如意のもとに陛下がたずねてきます。

兄弟殺しの真相を知りたいかと問う陛下に、如意は答えました。

「真相は必要ありません。私がお慕いしているのは、陛下が陛下ご自身だからです」

何も答えず去る陛下。

と思いきや、陛下は門を通りすぎる直前で、如意のほうを振りかえり笑顔を見せるのでした。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想9話

義姉妹の誓いをたてた如意と徐慧。

2人は、同じ男性(陛下)を慕いながらもいがみ合うことなく、お互いを大切に思える友情関係がとても素敵です。

また、今回は羅玉珊のエピソードが胸に刺さりました。

愛する2人を卑劣なワナで憎しみ合わせるという、韋貴妃のやり口に腹をたてた視聴者も多いことでしょう。

羅玉珊を演じる女優の演技もバツグンに巧く、鄭子章への愛憎⇒虚無といった感情の変化が手に取るように伝わってきました。

如意からすると、羅玉珊は自分を襲った相手です。

それなのに、気落ちする羅玉珊を心配して食事を届けたりと、如意の純真で優しい性格が際立つ回でもありました。

一方、キーパーソンと思われる彭婆の過去も少しずつ浮き彫りに。

もしかすると“あの男”とは、陛下のことでしょうか。

彭婆の口ぶりからすると、陛下と何からの関わりがあるような気がします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想10話

“あの男”の正体は、やはり陛下でした!

彭婆とのわだかまりを解きたい陛下のために、如意が何とかしてあげたいと力になろうとする姿が素敵です。

打算なく純粋に陛下を慕っているのがわかるので、如意の恋路をますます応援したくなります。

「私がお慕いしているのは、陛下が陛下ご自身だからです」という言葉は完全に告白ですね。

陛下はそれには何も答えず去ってしまい残念に思っていたところ、門を通りすぎる直前で振り返って如意に笑顔を向けたシーンは最高でした。

また、最大の注目ポイントは稚奴が初登場をしたこと。

第1話で女帝の如意が、過去を振りかえりながら言ったセリフがあります。

「かつて愛した2人の男性を思い出す。陛下。稚奴

つまり、如意は今後 稚奴を愛するようになるということですね。

それを知った上で稚奴の言動に注目してみると、ドラマをより楽しめるかもしれません。

初登場の段階から、稚奴の気の弱い性格や、彭婆を抱きしめ返してあげる優しさが描かれていました。

また、稚奴がわざわざ如意のあとをついて行って名乗ったことから、この時からすでに如意に対して淡い恋心を抱いているようにも見えます。

※次回11話・12話のネタバレ感想はこちら。

【武則天-The Empress-】ネタバレ感想11話・12話。如意が韋貴妃を倒すと決意!?
【武則天-The Empress-】11話・12話。大朝会が開かれることになり、恩赦によって如意は掖庭から解放されました…

記事内画像:公式サイト