『ダウントン・アビー』シーズン4のネタバレあらすじと感想。新たな波乱の幕開け,マシューの死にメアリーは……!? | Dramas Note

『ダウントン・アビー』シーズン4のネタバレあらすじと感想。新たな波乱の幕開け,マシューの死にメアリーは……!?

出典:www.amazon.co.jp

『ダウントン・アビー』シーズン4ネタバレあらすじと感想。

待望の息子が生まれ、幸せの絶頂だったメアリーでしたが、マシューの死により一瞬にして地獄に突き落とされてしまいました。

それぞれの新たなる波乱の幕開けとなるシーズン4。

果たしてメアリーは最愛の人の死から立ち直ることができるでしょうか?

スポンサーリンク

『ダウントン・アビー』シーズン4のあらすじ

『ダウントン・アビー』シーズン3のネタバレあらすじと感想。マシューに降りかかる運命に驚愕!それぞれの行く末も見逃せない!
『ダウントン・アビー』シーズン3のネタバレあらすじと感想。マシューのプロポーズを受け入れて、幸せな結婚へと向かっていくメ…

マシューの突然の死から半年。メアリーはまだ立ち直れずにいました。喪に服し続けるメアリーは心を閉ざしたままです。息子の世話も乳母に任せっきりで悲しみに暮れる毎日を送っています。

そんな中、コーラの侍女オブライエンが置手紙ひとつ残して突然姿を消してしまいました。実は、一家でスコットランドのダンイーグルへ滞在した際、ローズの母スーザンから引き抜きの話をもらっていたのでした。

後任を探すことになったコーラでしたが、すぐには見つかりそうにありません。実母のせいでコーラに迷惑がかかったと罪悪感を感じたローラは、誰にも相談せずに村の掲示板へ求人を貼り後任を見つけてきます。

しかし、その人物が後に大きなトラブルを起こす原因となってしまいます。

一方、ベイツの問題も解決し、ベイツとの幸せな生活が訪れてきたアンナでしたが、屋敷で開かれた夕食会で最悪の事件に巻き込まれてしまいました。心も体も傷ついてしまったアンナは、ベイツとも距離を置くようになります。

結婚が直前で破談になってしまったイーディスにも更なる困難が待っていました。出版社を経営するグレッグソンと恋仲になったイーディス。未婚にも関わらず、お腹にグレッグソンの子どもを宿してしまいます。結婚を約束していた二人でしたが、グレッグソンはドイツで行方不明になってしまい……。

スポンサーリンク

『ダウントン・アビー』シーズン4の見どころ

メアリーの新たな出会い

『ダウントン・アビー』シーズン5のあらすじと感想。それぞれが選ぶ愛のカタチに注目!さらにあのアイシスが天国へ。
『ダウントン・アビー』シーズン5のネタバレあらすじと感想。新たな時代の幕開けとなった1924年。ダウントン・アビーの人た…
『ダウントン・アビー』ファイナルシーズンのネタバレと映画情報。遂に完結!フィナーレは胸いっぱいのハッピーエンド。
『ダウントン・アビー』ファイナルシーズン。セレブや英国王室をも魅了した『ダウントン・アビー』も遂にファイナルを迎えました…

最愛の夫を亡くしてしまったメアリーは、なかなか立ち直ることができません。ジョージと名付けられた可愛い我が子の事も乳母に任せっきりです。

メアリーを元気づけようと周りも気づかいますが、全く効果なし。それどころか、ますますヘソを曲げてしまいます。

しかし、マシューの想いを継ぎ、ダウントン・アビーの経営に生きる希望を見出していきます。

マシューへの想いに溢れているメアリーですが、ギリンガム卿やブレイクといった新たな男性との出会いが……。相変わらず、モテモテです。

ブレイクと一緒に泥にまみれて豚を救出するシーンがありました。お嬢様のメアリーにとって泥だらけになったり、スクランブルエッグを作ったりするのは初体験だったはず。

これでブレイクとは心が打ち解けた感じですが、ギリンガム卿も負けずにメアリーにアタックしてきます。

メアリーを射止めるのは果たしてどっちになるのでしょうか?

人生最悪な事件に巻き込まれたアンナ

コーラ主催で華やかな夕食会が開かれることになりました。有名なオペラ歌手を招いての音楽会も開かれ、使用人たちも特別に許可をもらい美しい歌声に聞き惚れます。

アンナも音楽会に出席しますが、頭痛がひどいため中座して薬を飲みにひとりで台所へ行きました。そこへ後を追ってきたギリンガム卿の従者グリーンに襲われてしまいます。

音楽会の真っ最中だったため、アンナの助けを呼ぶ必死の声が届くことはありませんでした……。

自分が傷ついたことよりも、これを知ったベイツがどうなるかということを心配するアンナの姿がより一層不憫に思えてしまいました。

そして、この日を境にベイツに対するアンナの態度が一変。ベイツを愛する気持ちは変わりませんが、汚れてしまった自分がベイツに触られることに抵抗のあるアンナ。

自分への態度が急変したことにベイツは悩みますが、勘のいい彼はその原因を自力で突き止めました。

そして事情を知ったメアリーもギリンガム卿にグリーンの解雇を頼もうとするのですが、グリーンはロンドンで交通事故で死亡します。

同じ日にベイツが外出していたことを知ったアンナは、不安を隠せません。犯人がベイツなのか?それとも単なる偶然なのか?真相は謎のまま次のシーズンへと持ち越されることになりますが、グリーンという男は、どうやらかなりの悪い男で、アンナ以外にも余罪があったようです。

未婚の母となってしまうイーディス

出版社のグレッグソンと良い仲になっていったイーディス。しかし、グレッグソンは既婚者です。妻は精神を病んでしまっている状態で、離婚が困難という状況ですが、愛するイーディスのため、グレッグソンはドイツ国籍をとって妻と離婚しようと計画しました。

グレッグソンの愛を信じて、結婚前に男女の仲になったイーディスは、ほどなくして妊娠していることに気づきました。イーディスはグレッグソンに伝えたかったのですが、彼はドイツに行ったあと行方不明になってしまいました。

死亡説も流れ、不安になったイーディスは母に相談せずに叔母ロザムンドに助けを求めます。

これで三姉妹とも子どもを持ったクローリー家。シビルは亡くなり、メアリーは未亡人、そしてイーディスは未婚の母。イーディスは子どもを養子に出し両親には沈黙を貫く決断をしますが、上手くいくでしょうか?

スポンサーリンク

『ダウントン・アビー』シーズン4の感想

それぞれが新しい人生に向かって歩き出したシーズンとなりました。

しかし、ハッピーエンドには程遠くもどかしい限りです。

中でもアンナの事件は見ていても辛すぎるシーンでした。

グリーンの最後は自業自得といった感じですが、真相を知ったベイツのことが気になります。

そして、ローズの存在が貴族界を一層華やかにしてくれました。

社交界デビューのシーンはローズ含め貴族や王室のファッションが素晴らしかったです!