【アウトランダー】シーズン6第3話ネタバレとレビュー|戦いの足音が近づく | Dramas Note
スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6第3話ネタバレとレビュー|戦いの足音が近づく

アウトランダーシーズン6ネタバレ海外ドラマ
© 2022 STARZ

【アウトランダー】シーズン6第3話ネタバレとレビュー。ファーガスとマーサリの間に障害を持って生まれたアンリ・クリスチャンを悪魔の子だと信じた漁民の子供たちは、アンリ・クリスチャンが本当にそうなのかを確かめるため川に流してしまう。ファーガスは全ての罪は自分にあると背負いこんでしまい……。そしてついに、アメリカ独立戦争の始まりが!

「アウトランダー」オフィシャルサイト

Hulu
スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6第3話あらすじ

ロジャーが川の近くで木を切っていると、子供たちが川で流れている籠を追いながら騒いでいました。

気になって見てみると、籠が流れており中から赤ん坊の泣き声が聞こえます。

ロジャーは川に飛び込み滝に落ちる寸前のところで赤ん坊を救出しました。

籠に入っていたのは、マーサリとファーガスの間に生まれたアンリ・クリスチャンでした。

子供たちは親から「アンリ・クリスチャンは悪魔の生まれ変わりだ」と吹き込まれ、本当にそうなのかを確かめるために川に流したのです。

水が邪悪さを拒めば浮くと思われていた。触ったらヤケドするとも。

子供の中にはマーサリの子ジェルマンもいました。

ロジャーはその場でアンリ・クリスチャンに洗礼を行い「また今度やったら地獄に落ちる」と子供たちを脅して帰らせます。

家には、ジェイミーやクレアたちも集まっていました。ジェルマンが「みんなが言うから……」と話すとマーサリは怒り心頭で部屋に行ってしまい、ファーガスは深い悲しみとショックを受けているようにも見えました。

この一件はジェイミーが引き受け、クレアはファーガスに話しをしましたが彼の心は閉ざされたままでした。

スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6第3話解説とレビュー

ファーガスの心の傷

ファーガスは、あの事件でマーサリや子供たちを守れなかったことで自分を責めていましたが、アンリ・クリスチャンが”小人”で生まれたことでさらに自分を責めるようになっていました。

酒はやめると約束したにも関わらず、心の傷の深さから酒瓶を手放すことが出来ません。

責めに責めた結果、手首を切って死のうとしてしまいました。

たまたまジェイミーが通りがかったので助けることが出来ましたが、ジェイミーもファーガスの心の傷がどれだけ深いものだったのかをここで初めて気づいたのだと思います。

ファーガスを立ち直らせたのはジェイミーの言葉でした。

やっと本当のファーガスが戻ってきたという感じで、辛さを酒で紛らわせようしても紛らわせないでもがくファーガスの姿は見ていて本当に辛いものでした。

トム・クリスティはただ敬虔なだけなのか?

トム・クリスティは敬虔という以上に、信仰にのめり込んでいるという印象を受けます。

なぜそこまで信仰深いのか。クレアが言うように「女性が怖いのか」それとも「罪を犯すのが怖いのか」。

クレアが貸した小説は「みだらな話だ 失望した」というメッセージが添えられて帰ってきました。

マルヴァがイアンに話したことによると、マルヴァの母は魔女として殺されたとのことですが、マルヴァが生まれたのは”アーツミュア”にいた頃というジェイミーの言葉から、もしかしたらマルヴァは不義の子である可能性もあるかもしれません。

トムが何かにつけてマルヴァに鞭打ちをするのも、「魂が穢れる」という理由だとすれば、もしかしたらトムがアーツミュアにいる時に何かがあったのかもしれません。

そもそも、魔女として殺されたというのは名目だったとも考えられます。

また、右手を治した理由は”マルヴァに鞭打つのに不便だった”ということも分かりました。

息子アランにはそこまで厳しくしているようには見えませんが、マルヴァには執拗以上の”しつけ”をしているので、今後この関係性は注目すべき点のひとつと言えるでしょう。

スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6第3話の感想

マクドナルド少佐が”ボストン茶会事件”について書かれた新聞と”銃”が届き、クレアは恐れていた戦争の始まりを実感しました。そのタイミングでチェロキー族も王に忠誠を誓ったとのこと。

植民地人の急進派がイギリス本国議会(グレートブリテン議会(英語版))に対する抗議として停泊中の船舶から積荷の茶箱を海に大量投棄した事件。アメリカ史において、後のアメリカ独立戦争への転機になった出来事と評される。

引用:wiki

この事件は王への攻撃とみなされたようで、このニュースがロンドンに伝わると植民地に友好的に見られていると思っていた政治家はショックを受けたようです。

そして1775年4月、レキシントン・コンコードの戦いをきっかけにアメリカ独立戦争が勃発します。

©STARZ

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。