PR

【リバーデイル】シーズン6第15話ネタバレ考察。鉄道開設の目的とポップの店に隠された秘密が判明!

サスペンス
© 2021 The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

【リバーデイル】シーズン6第15話ネタバレ考察。ポップの店を守るための最終手段だった”重要文化財の申請”は失敗に終わり、タバサはやむなく店を移転させることにしますが、実はポップの店は重要な役割を担っていました。また、ジャグヘッドの力は更なる進化を遂げ、ベティは自身の力の解明に乗り出します。

PR

【リバーデイル】シーズン6第15話あらすじ

パーシヴァル優位となったリバーデイルでは、アーチーたちの身に様々なことが起き始めます。ポップの店では民間鉄道の開通を理由に立ち退きを迫られ、ヴェロニカのカジノでは存続を巡る問題が起きていました。

これらは全てパーシヴァルによって引き起こされたものであり、どちらも早急な対応が求められていました。そこでポップの店のオーナーであるタバサは店の移転作業を始め、ヴェロニカはカジノの存続を賭けた大胆な作戦を思いつきます。

また、人の負のオーラが見える力を手にしたベティは、自身のオーラが増幅していることに危険を覚え、同僚のドレイク捜査官と共にこの力について本格的に調べ始めます。また、ヘザーと念願の再会を果たしたシェリルは、彼女の正体を知らされることに。

PR

ポップの店の秘密

©︎Netflix

ポップの店を守るための最終手段だった”重要文化財の申請”は、惜しくも失敗に終わりました。しかしタバサは決してポップの店の存続を諦めたわけではなく、1度店を解体して安全な場所へと移転させようと考えていました。

そこでタバサは建設業を営むアーチーの協力のもと、すぐさま店の移転作業に取り掛かります。アーチーら従業員のおかげで移転作業は順調かのように思われましたが、作業を進めるうちに店内で次々と奇妙な現象が起こり始めます。

従業員の1人が感電したり、積み込んだ荷物が元通りに戻されていたのです。真っ先に対立するパーシヴァルの関与を疑うタバサでしたが、実はポップの店にいる亡霊の仕業でした。

怪奇現象に詳しいシェリルとヘザーが亡霊たちと交信したところ、ポップの店は来る善と悪の決戦の場であり、亡霊たちは見届け人だと判明します。そして、ポップの店の解体後の再建を急がなければ、見届け人である亡霊たちの消滅と共に決戦自体もなくなり、悪を倒すチャンスが永遠に失われてしまうとのことでした。

そのため亡霊たちはポップの店の移転作業を邪魔していたようですが、あくまで店を守るための行動だったのです。この事実にはパーシヴァルも辿り着いていると考えられ、だからこそ彼はポップの店を潰そうと躍起になっていたのでしょう。

なお、この亡霊との交信により、パーシヴァルの鉄道開通の目的が”幽霊列車”を作ることである可能性が浮上しました。

幽霊列車とは、車掌に強大な力を与える機関車のこと。

もしこの予想通りに幽霊列車の鉄道が開通してしまうと、この世もあの世もパーシヴァルのものとなってしまうようです。

PR

謎が深まるベティの力

人の負のオーラが見える力を手にしたベティ。しかし、その力の多くは謎に包まれたままで、ベティはついに同僚のドレイク捜査官と共にこの力の解明へと乗り出します。それで分かったのは、ベティの力の弱点はTBKではなく、“連続殺人犯の遺伝子”を持つ者という可能性があるということ。

ベティの姉ポリーの子供である双子のダグウッドにもオーラが出現しましたが、検査の結果 殺人遺伝子を持っていたのはジュニパーの方だった。

また、この弱点の克服は簡単ではないものの弱点の仕組みを理解した今ならば、脳が異なる形でオーラを知覚するかもしれないとのことでした。これらのことからドレイク捜査官は、人の負のオーラが見える力は連続殺人犯の遺伝子を持つ者には働かないと結論づけますが、ベティはどこか腑に落ちない様子です。

それもそのはず、ベティは連続殺人犯の遺伝子を持つ自分自身や母アリスにもオーラが見えていたからでした。

PR

進化する力と新たな助っ人の登場

進化する力

©The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

人の心を読む力を備えたジャグヘッドは着実にその能力を進化させていきます。すでにジャグヘッドは人の心を読む能力を応用しており、前回はベティの深層心理の記憶を探り当てています。

そして今回は人の心を読む力を応用し、レジーの記憶の一部を消去することに成功しました。これはカジノの存続を巡ってレジーと対立するヴェロニカからの頼みであり、ジャグヘッドはハイラム殺害の記憶をレジーの記憶から消去したのです。

とはいえ、今やレジーはパーシヴァルの手下であり、”何かはわからない記憶を失った”ことをパーシヴァルに報告しているため、今後はパーシヴァルの逆襲を警戒する必要がありそうです。

新たな助っ人の登場

©The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

ずっと中学時代に想いを寄せていたヘザーと念願の再会を果たしたシェリルは、彼女を引き止めたい一心で自身の屋敷を私設図書館にすると口走ります。ヘザーはグリーンデイルにて図書館司書を7年間も務めているため、シェリルは彼女と会う口実として私設図書館の手伝いを頼んだのでした。

こうしてヘザーと過ごす口実を手に入れたシェリルは徐々に彼女との距離を縮めていきますが、やがてヘザーから”魔女である”ことを打ち明けられます。どうやらヘザーは母の死後に引き取られた家がグリーンデイルの魔術師の一派であり、そこで魔術を習ったようでした。

その後、シェリル自身も魔女であることを見抜かれ、ヘザーに魔術の教えを乞います。

グリーンデイルとは

グリーンデイルは【サブリナ:ダークアドベンチャー】の舞台となっている町

【リバーデイル】シーズン6第4話では主人公サブリナ・スペルマン(キーナン・カフカ)が登場しています。そして今回、ヘザーはリバーデイルの魔術師一派のある女性たちの家庭で暮らしてたと話していました。サブリナの再登場が伝えられていることからも、ヘザーのセリフはサブリナ再登場への伏線になっているかもしれません。(サブリナは従兄と2人の叔母と暮らしている)

© Netflix

本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況は[Netflix] にてご確認ください。