【成化十四年】3話と4話のネタバレ感想。ジャッキー・チェン指導のアクションが凄い! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【成化十四年】3話と4話のネタバレ感想。ジャッキー・チェン指導のアクションが凄い!

アジアドラマ
©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO.,LTD.

Writer:kino

解説

【成化十四年~都に咲く秘密~】3話と4話。事件の重要人物が判明し共犯者にも行きついたものの、すでに2人は姿を消していました。そんな中で、唐泛たちはどのようにして事件解決にたどり着くのか!? この記事ではネタバレ感想をお届けします。

「成化十四年~都に咲く秘密~」オフィシャルサイト

©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO.,LTD.

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【成化十四年】3話のネタバレ

©BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO.,LTD.

泥酔しているオイラト人の女性(ドュルラ)を送り届けた唐泛とうはんは、そのまま朝まで一緒に眠ってしまいました。

唐泛が錦衣衛へ赴くと、隋州が容疑者(唐泛を殺そうとしたオイラト人)を尋問しており、重要人物として林朝東という男が浮上します。

さらに尋問を続けると、オイラト人の男は以下のように自供しました。

  • たまたま見つけた馬車の中に少年の遺体(失踪した韓早)があった
  • 折よく林朝東から「女の死体がほしい」と頼まれたため、少年の遺体を女装させて渡した

唐泛がこのオイラト人に襲われたのは、妓女の清姿に会った直後でした。

このタイミングから、清姿と林朝東が共犯者だと確信した唐泛は、痴情のもつれで2人が鄭誠ていせいを殺したのだろうと予想します。

しかし、清姿も林朝東もすでに姿をくらましていたため、事件解決から遠ざかってしまいました。

手がかりを失った唐泛と隋州は、鄭誠と口論になった現場へ行ってみると汪植おうしょくに遭遇します。

汪植が捜査の進展具合を聞いてきたので、唐泛は現状の推理を話しました。

  1. 韓早の死因となった毒は宮中で盛られた
  2. 2つの事件は同時に起きたのではなく、偶然 別々に発生した

そして、3つ目の推理を実証するために鉄市へ移動した一同は、予想どおりに林朝東と清姿を見つけて包囲しました。

林朝東は痴情のもつれで鄭誠を殺害したことを認めたものの、何者かに矢を射られて死亡します。

【成化十四年】3話の感想

原作はBL小説ですが、ドラマの唐泛はオイラト人の女性と良い関係になりそうな予感。

でも随所でしっかりと「ブロマンス感」を差し込んでくれるので、それを目当てに見ている層も満足できる内容になっているのではないかと。

とくに、2人が狭い馬車に乗るシーンは福眼でした。

今回ジャッキー・チェンらしさを感じたのは、主役2人が短剣でこぜりあいをするシーンと、隋州が犯人のカップルを追いかけるシーン。

どうやら、ジャッキーは“ちょっとしたシーン”でも自らアクション指導をしているようなので、今後も華麗なアクションや所作が見られることでしょう。

事件そのものは、かなり解決に近づいてきました。

同時に起きたと思われた事件が、実は偶然バラバラに起きていたいうオチでしょうか。

【成化十四年】4話のネタバレ

*一部、シーンが前後している部分があります。

林朝東が死亡し1人残された清姿は、事の顛末をすべて話して自害しました。

2人が鄭誠を殺害した動機は、唐泛が予想したとおり痴情のもつれでしたが、その背後には殺害をそそのかした真犯人がいるようです。

結局、実行犯の2人ともが死亡してしまいましたが、唐泛は上司にそのことを伏せて真犯人をおびき出すことにしました。

2人がまだ牢屋で生きていると思わせれば、真犯人が口封じのために殺しに来ると読んだのです。

夜になると、予想どおり刺客が牢屋に忍び込んできたので隋州らが捕らえようとしますが、唐泛が人質にとられてバタバタしているうちに逃げられてしまいます。

後日。

汪植から海防文書を見せてもらった唐泛は、武安侯(鄭誠の父親)に関わる記述を見つけて真相に気づいた様子。

その夜、隋州といっしょに武安侯の屋敷へ行った唐泛は、鄭誠殺しの真相をすべて言い当てます。

  • 鄭誠を殺したのは弟の鄭英であること
  • それを知った武安侯が真実を隠蔽したこと
  • 偽の遺体を提出し、東廠を放火したこと
  • 口封じのために刺客を牢に送り込んだこと

すると鄭英が飛びだしてきて、すべては一族のために自分1人がやったことだと白状して自害しました。

こうして事件は一件落着となり、事件を解決した隋州は正六品の官位に昇格。

隋州だけが昇格して悔しい唐泛は しばらくの間むくれていましたが、隋州が報奨金の半分をくれるというので機嫌を直します。

唐泛のもとにドュルラと従者が乗り込んできて、唐泛が持ち帰った外套の対価として500両を請求してきました。

揉めに揉めた両者は裁判所へ赴きますが、判決は持ち越しとなり決着はつきませんでした。

【成化十四年】4話の感想

犯人がことごとく自害するのは中国ミステリーあるあるですが、本作もすでに3人近くが自害しました。

それにより事件解決から遠ざかるドラマもありますが、本作はちゃんと解決して良かったです。

それにしても、冬児の記憶力がすごすぎて、ある意味 唐泛よりも天才なのではないかと。

演じる黄杨钿甜は、中国ドラマでおなじみの美人子役

いつもはヒロインの子供時代を演じることが多いのですが、本作では子供時代ではなく1人の演員としてドラマに参加しているようです。

今のところよく分からないのが汪植で、敵なのか味方なのかイマイチ掴みきれていません。

今回の事件では協力的でしたが、状況によっては敵対する可能性もありそうです。

*次回5話と6話のネタバレ感想はこちら