【スイートトゥース】7話・8話。登場人物たちのストーリーが繋がりシーズン2も期待大! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【スイートトゥース】7話・8話。登場人物たちのストーリーが繋がりシーズン2も期待大!

Writer: kino

© Netflix. All Rights Reserved. | TM & © 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. | TM and © 2020 DC Entertainment, unless otherwise noted here. All rights reserved.

【スイートトゥース】7話・8話のあらすじ・ネタバレ・感想。物語は世界が大崩壊を起こす前に遡り、ガスの出自やジェパードの過去が明らかになる。そして本編では、個別に描かれてきた登場人物たちのストーリーがついに繋がった!

スポンサーリンク

7話のあらすじ(ネタバレ有り)

バーディの研究

物語は世界が大崩壊を起こす前に遡る。

10年前、フォート・スミス研究所の清掃員として働いていたガスの父親ことリチャードは、研究所でバーディが同僚と何やら揉めているのを目撃する。

その夜、バーで偶然会った2人は意気投合し 話はバーディの研究のことになった。

バーディはワクチン研究のために探し求めていた未知の微生物をついに見つけたのだと言う。

それを聞いたリチャードは、昨年の調査旅行先であるアラスカで見つけたのでは?と言い当てる。

その後、バーディを家に送り届けたリチャードは中に招かれ、2人が良い雰囲気になったタイミングでバーディの携帯電話が鳴る。

「軍が研究所を占拠して何もかもを押収しようとしている」という知らせだった。

リチャードと一緒に急いで研究室に忍び込んだバーディは、例の微生物から作り出したという“もの”をリチャードに見せる。

それがガスだった。

ガスが軍の実験台になるのを怖れたバーディは「ガスを連れて逃げて」とリチャードに頼み、自身は記録を確保してから建物を燃やすためにもう一度研究室に戻った。

残酷な真実

(現在)ガス、ジェパード、ベアの3人はバーディの住所に到着した。

だが住んでいたのはバーディではなく、彼女の同僚だったというジュディが1人で暮らしていた。

ジュディはバーディから頼まれて隠していたものをガスに託すといって、屋根裏部屋の鍵を渡す。

屋根裏部屋に向かった3人は、見つけたバーディの研究資料からガスが研究により生み出された試験管ベビーだという衝撃の事実を知る。

バッパとバーディはガスの本当の親ではなかったのだ。

この事実を知ってしまったガスは取り乱して部屋から飛び出した。

8話のあらすじ(ネタバレ有り)

ラニの隔離

地下水路を通じて隣の教会に逃げたウェンディたちは、計画どおりエイミーの到着を待つはずだったが、その前にラストマンに見つかり捕獲されてしまう。

エイミーが教会に着いた頃には、ハイブリットたちの姿はどこにもなかった。

一方でシン夫妻は、アボット将軍が用意した研究施設に到着したが、妻のラニは隔離されてしまう。

アボット将軍は、中途半端な薬ではなく完治する薬を作るようシンに命じる。

ベアの妹

バーディの家を飛び出したガスは、墜落したと思われる飛行機の無線機を直して保護区に連絡した。(おそらく相手はエイミーだが、そこは既に軍が占拠していた)

一方、ガスを追って外に出たジェパードはベアに、ガスが戻ってきた時のために家に残って情報収集をするように言い、自身は近くを探しに行った。

バーディの家に戻り大崩壊の時のことを聞かれたベアは、育ての親はラストマンに殺され、当時赤子だった妹はハイブリットだったため捕獲されてしまったと話す。

その赤子は、エイミーが拾ったウェンディだと思われる

突如、屋根裏部屋に置いてあった無線機が作動した。

繋がった相手は、アラスカにいるバーディだった。

繋がるストーリー

世界で大崩壊が始まった頃、ジェパードの妻は男児を産んだ。

しかしその子がハイブリットだったため、ジェパードは激しく動揺して病室を飛び出してしまった。

エレベーターに乗り込むと、追ってきた医師が「赤子の種類は?」と聞いてきた。

この医師こそがシンだった。

ジェパードは得体の知れない恐怖心に襲われていたが、この恐怖心は息子へのものではなく自分自身に対してだと気づき病室に引き返す。

だが一足遅く、妻も息子も居なくなった後だった。

そして現在。

ガスを見つけだしたジェパードは、かつて妻と息子を失ったことを話し「お前まで失いたくない」と言う。

そんな話をしているところにアボット将軍率いるラストマンが現れ、撃たれたジェパードは意識を失ってしまった。

ガスはラストマンに捕獲され、治療薬を作るために必要なハイブリットとしてシン医師に引き渡される。

ガスを見たシンは他のハイブリットよりも年上であることに驚き、ガスをもっと調べたいと申し出る。

そうしてひとまず命が助かったガスは、閉じ込められた檻のような場所で他のハイブリット(ウェンディたち)と会うことができた。

一方で、倒れているジェパードを助けたエイミーは、目覚めたジェパードに「子供たちを取り戻す」と言う。

さらなる盛り上がりが期待できそうなシーズン2!

判明した事実はとても胸の痛むものでした。

ガスはきっと森で暮らした10年の間、まだ見ぬ母親に思いを馳せていつか会えることを夢見ていたと思うのです。

それなのに、バッパとバーディは本当の両親ではなく、自分は研究により生み出された存在だった――。

無垢な10才の少年が背負うには、とても残酷な真実でした。

けれども、家族の絆というのは血縁だけがすべてではありません。

バッパは本当の息子ではなくてもガスを大切に育てて守りぬき、ガスに向けた愛情も本物だったはずです。

8話ではついにアボット将軍率いるラストマンに捕獲されてしまったガスですが、他のハイブリットの仲間たちに会えたことで、少しなりとも心細さは軽減されたのではないでしょうか。

そして、これまで個別に描かれてきたシン博士やエイミーのストーリーが、ようやくガスと繋がりました。

ただ物語はまだまだ序章という感じで、メインストーリーに突入するであろう次シーズンはさらなる盛り上がりが期待できそうです。