【ウォーキング・デッド】シーズン11第6話ネタバレと考察。あのバージルがコニーと一緒にいた! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウォーキング・デッド】シーズン11第6話ネタバレと考察。あのバージルがコニーと一緒にいた!

© 2010-2021 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.|© Disney. All rights reserved.

Dramasnote編集部

【ウォーキング・デッド】シーズン11第6話ネタバレと考察。コニーは生きていました。そして彼女と一緒に居たのは、なんとミショーンと島に向かったあのバージルでした。さらにダリルはリーパーズの仲間のフリをしてマギーたちを助けようと……!?

©2010-2021 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.|© Disney. All rights reserved.

動画配信Disney+

「ウォーキング・デッド」の記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーズン11第6話「On the Inside」あらすじ

https://www.imdb.com/title/tt12772884/mediaviewer/rm1939206401/

コニーは生きていました。

そしてなぜか、ミショーンと居たあのバージルと一緒だったのです。

2人はウォーカーからを避けながら、空き家に逃げ込みましたがウォーカーは人間の気配を感じて家の周りに集まって来てしまいます。

一方で、アレクサンドリアではコニーの生存を聞きき、キャロルとアーロンがコニー捜索の計画を立てていました。

戻るのを待つというアーロンと、それでは間に合わないというキャロルに、近くにいたロジータが「最も早く安全な方法は2人組で狭い範囲を探せばいい」と提案。

するとそこに、マグナが「ケニーを見てないか?」とやってきます。

コニーが生きていると知ったケニーは、ひとり馬にまたがり捜しに行ってしまったのです。

シーズン11第6話ネタバレ解説

ダリルの狙い

https://www.imdb.com/title/tt12772884/mediaviewer/rm2006315265/

リーパーズの教祖に仲間と認められたダリルは、行動を共にしていた仲間を拷問しマギーの居場所を言わせるよう命じられました。

しかし、ここで躊躇しては全てが水の泡。

ダリルは疑われないよう男を殴り、指を切断するなどして電波塔の近くにある黄色い家にマギーがいることを白状させました。

すると教祖からダリルを含む6人で黄色い家に行くよう命じられます。

ダリルはリーパーズの仲間として拷問に応じたわけではなく、あくまでも信用させるためであり、まずはマギーたちと合流するのが目的だったのでしょう。

黄色い家に到着した直後、ダリルはリーパーズに気づかれないよう、自分たちの存在を知らせるため倒れた電柱の電線を揺らしてマギーに伝えました。

気配を察したマギーが外を見ると分かっていたのでしょう。

やはり、当初から行動していた仲間の絆と信頼関係は深いです。

ダリルは、マギーたちが隠れているのを願い、カーヴァーとの会話の中でさりげなくリーパーズの情報を与えました。

  • こっちは20人いる。
  • 武器も壁もあって遠方まで見渡せる。

ダリルが思惑通り、その情報は床下に隠れていたマギーたちに伝わりました。

誰かいる

©2010-2021 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.|© Disney. All rights reserved.

空き家に避難したコニーとバージル。

バージルは家の中を一通り回って安全を確認し、コニーに少し休むよう言いますがコニーは危険だと言って休もうとはしません。

怖い思いをしたからなのか、不安で眠ることなどできないと言った様子。

しかし、コニーの”勘”は的中しました。

コニーは落ち着かない様子で、もう一度家の中を確認しに行き、バスルームにある鏡を見ながら、自分を奮い立たせまます。

すると、何かの気配を感じて壁の隙間を覗いてみると、壁の裏側から誰かが睨み返してきたのです。

コニーは錯乱状態で「誰かがいる」とバージルに訴えました。

でも、バージルが覗いても何もなく……。

コニーは何日も寝てないから幻覚を見たのだろうと言いましたが、コニーは「何かがいる」とジェスチャーで伝え続けます。

そして、コニーが家を出て行こうとしたその時、コニーとバージルが壁で仕切られ分断されてしまったのです。

コニーは耳も聞こえず声も出せません。

何かが居ればその気配だけを感じ取ることしかできないのです。

そしてその直後、四足で素早く歩く身軽な生き物がコニーを追ってきました。

これはもしかして新種!?

まるで【進撃の巨人】の車力の巨人を思わせるような……。

ただ、ウォーカーは肉体が腐敗していくのに対し、この生き物は腐敗していませんのでウォーカーとは違う様子。

素早い動き、四足で歩くという特徴の他、部屋に大量の人骨があったことから人間を食べて生き延びていた野生化した人間のようで、【The100】に出て来たリーパーでした。

きっと、コニーとバージルを分断しひとりずつ仕留めて食料にしようとしていたのでしょう。

「腹減った」と言葉も発していました。

しかし、バージルが襲われた時コニーが壁を叩いて生き物の気を反らし、その隙にバージルがナイフで右胸を刺しました。

生き物が去りホッとしていたところで、ミショーンの話が出てきます。

バージルは「長いこと自分を見失ってたがミショーンがチャンスを与えてくれた。彼女が自分に道を示し、その道を進むと君に辿り着いた」と。

ただ、この家にいた生き物はひとりではありませんでした。

数人もの男女が野生化していたのです。

コニーとバージルが家から逃げようとしたその時、女がバージルに襲い掛かかって背中を刺してきました。

するとコニーは、近くに倒れているウォーカーの内臓を体に塗りバージルを後ろに隠すと、入り口のドアを開けてウォーカーを引き入れました。

コニーの素早い判断がバージルの命を救ったのです。

2人はその間に空き家から逃げ出し、ケニーやキャロルたちと再会出来ました。

キャロルとマグナ、ロジータはケニーを捜しに出て合流できていました。

ダリルに危機!?

ダリルたちは収穫がないままアジトに戻ると、教祖は収穫が無かったことに怒るどころか、拷問していた男から必要な情報を得たとご機嫌な様子で、カーヴァーに肩に手をやり中へと入って行きます。

男はウォーカーにされ気に縛り付けられていました。

ショウとダリルは蚊帳の外……。

教祖は男から何の情報を手に入れたのかが気になるところ……。

もしかして、ダリルが仲間だったことやアレクサンドリアのことなど喋ってしまったのかもしれません。

そうなると、もはやダリルの力だけではどうにもなりません……。