PR

【ウェンズデー/Netflix】キャスト/登場人物/あらすじ|「アダムス・ファミリー」のスピンオフドラマ

キャスト
© Netflix
作品情報

【ウェンズデー/Netflix】キャスト情報とあらすじ。【アダムス・ファミリー】(1992)の大ファンであるティム・バートンが手掛ける、アダムス・ファミリーの長女ウェンズデーがヒロインのミステリードラマです。鬼才ティム・バートン版ホラーコメディをとくとご覧あれ!

PR

【ウェンズデー】あらすじ

© Netflix

【予告編動画】https://youtu.be/vNGCcV_g44c

アダムス・ファミリーの長女ウェンズデー(ジェナ・オルテガ)は、弟のパグズリー(アイザック・オルドネス)をいじめた高校の男子生徒にとんでもない仕返しをして、退学を言い渡されてしまいます。ウェンズデーは他人に弟をいじめられるのが許せず、いじめっ子が所属する水球部のプールにピラニアの大群を放ち、大怪我を負わせたのでした。

とはいえ、ウェンズデーの行き過ぎた行動は今に始まったことではなく、5年間で8校にも上る転校を繰り返しており、その内で2人も殺害していました。そんなウェンズデーの未来を心配する両親は、母の母校でもある寄宿学校ネヴァーモア学園への転校を決め、ウェンズデーはネヴァーモア学園での新生活をスタートさせます。

ネヴァーモア学園には様々なのけ者たちが集まっており、人狼や吸血鬼など人間ではない存在が多く在籍していました。中でも、牙の吸血鬼、毛皮の人狼、ウロコのセイレーン、石のゴルゴンは4大派閥として有名です。

最近自身も超能力と思しき能力に目覚めたウェンズデーからしたらとっておきの環境ではあるものの、ウェンズデーは相変わらずの無愛想さで周囲に壁を作ろうとします。しかし、ウェンズデーは超能力の散りばめられた事件に巻き込まれ、やがて25年前に両親が巻き込まれた超常現象の謎解きに奮闘します。

PR

登場人物詳細/キャスト

ウェンズデー・アダムス役/ジェナ・オルテガ

俳優情報

  • 英語表記:Jenna Ortega
  • 出身:アメリカ・カルフォルニア州
  • 生年月日:2002年9月27日
  • SNSTwitterInstagram
  • 出演作

役どころ:アダムス家の長女で母モーティシアと同じく幻視能力がある。フェンシングはプロ級、多国語も話せ格闘技もできるなど多彩な才能の持ち主。制服や私服のカラーは白と黒にこだわり、1日1時間は小説を書きます。

俳優について:ジェナ・オルテガはアメリカ出身の女優で、メキシコ系アメリカ人の父親とメキシコ人とプエルトリコ人のミックスの母親との間に、6人兄弟の第4子として生まれました。幼い頃から演技をしたいと思っており、10歳から子役として活動しています。

イーニッド・シンクレア役/エマ・マイヤーズ

俳優情報

  • 英語表記:Emma Myers
  • 出身:アメリカ・カルフォルニア州
  • 生年月日:2002年4月2日
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • かみさまへのてがみ
    • ガール・イン・ザ・ベースメント
    • ウェンズデー

役どころ:ウェンズデーのルームメイトで人狼。ウェンズデーと正反対にカラフルなものが好きな人狼女子。人狼ではあるものの”爪”しか変身することができずにプレッシャーを抱えている。

俳優について:アメリカ出身の女優エマ・マイヤーズは、ホームスクールだったため学校に通ったことがなく、2010年にドラマ「ザ・グレイス」でデビューを果たしました。「ウェンズデー」のイーニッド役で一躍有名になりました。

タイラー・ガルピン役/ハンター・ドゥーハン

俳優情報

  • 英語表記:Hunter Doohan
  • 出身:アメリカ・アーカンソー州
  • 生年月日:1994年1月19日生
  • SNSTwitterInstagram
  • 出演作
    • WHAT / IF 選択の連鎖
    • Your Honor/追い詰められた判事
    • ウェンズデー

役どころ:ガルピン保安官の息子で、ジェリコの街にある風見鶏カフェの店員。ウェンズデーに想いを寄せているが、何かと彼女の同級生ゼイヴィアに邪魔される。裁判所命令でセラピーに通うなど見えない問題を抱えている。

俳優について:ハンター・ドゥーハンはアメリカ出身の俳優、監督、作家で、父はオーストラリアのテニス選手のピーター・ドゥーハン、母も同じくテニス選手のアンジー・ハーパー・カーマイケルです。高校時代に興味を持ち始めた演技を学ぶため、卒業後はロサンゼルスで下積み生活を送り、2015年にデビューしました。

ゼイヴィア・ソープ役/パーシー・ハインズ・ホワイト

俳優情報

  • 英語表記:Percy Hynes White
  • 出身:カナダ・ニューファンドランド・ラブラドール州
  • 生年月日:2001年10月8日
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
    • ウィンターストーム 雪山の悪夢
    • The Gifted

役どころ:ネヴァーモア学園の生徒で、ビアンカの元彼。霊能画家でもあり、自分の絵に命を吹き込む能力を持っている。最近はずっと同じ悪夢に悩まされており、夢で見たものを絵に残している。ウェンズデーに好意を寄せているが報われない。

俳優について:パーシー・ハインズ・ホワイトはカナダ出身の俳優で、父は俳優、監督、作家のジョエル・トーマス・ハインズ、母は女優のシェリー・ホワイトです。2歳から演技を始め、7歳で映画「Down to the Dirt」にて、父が演じたキャラクターの幼少期役としてデビューを果たしました。

ラリッサ・ウィームス役/グウェンドリン・クリスティ

俳優情報

役どころ:ネヴァーモア学園の校長。ウェンズデーの両親とはネヴァーモア学園の同級生だった。学生時代、ゴメスがモーティシアに付きまとっていた男を殺害したところを偶然見てしまう。

俳優について:イギリス出身の女優グウェンドリン・クリスティは、子供の頃は体操選手を夢見ていたものの背骨の怪我で断念して女優を目指すようになりました。2006年から女優としてのキャリアをスタートさせ、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライエニー役で知名度を得ました。

マリリン・ソーンヒル役/クリスティーナ・リッチ

俳優情報

  • 英語表記:Christina Ricci
  • 出身:アメリカ・カルフォルニア州
  • 生年月日:1980年2月12日
  • SNSTwitterInstagram
  • 出演作

役どころ:ネヴァーモア学園の植物学教師で、オフィーリア寮の寮母でもある。かつてゴメスに殺害されたギャレット・ゲイツの妹のローレルで、死んだとされていたが名前を変えて生きていた。”のけ者”への復讐に燃えている。

俳優について:クリスティーナ・リッチはアメリカ出身の女優で、弁護士資格を持つ精神科医の父と元モデルの母の間に生まれました。8歳の時に学校の劇に出演しているところを見出されて芸能界入りしたため、演技を学んだことはありませんが、「バッファロー’66」では演技派を裏付ける実力の高さを見せつけました。

ユージーン・オティンガー役/ムーサ・モスタファ

俳優情報

  • 英語表記:moosa mostafa
  • 出身:イギリス
  • 生年月日:2009年
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • 君を想い、バスに乗る
    • 地球最後のバス
    • ウェンズデー

役どころ:ネヴァーモア学園の生徒で、養蜂クラブの会長。クラブ活動の見学に来たウェンズデーと仲良くなり、”養蜂家の連携”でウェンズデーのピンチを救う。

俳優について:イギリス出身の俳優ムーサ・モスタファは、2018年に俳優デビューを果たしました。

ビアンカ・バークレー役/ジョイ・サンデー

俳優情報

  • 英語表記:Joy Sunday
  • 出身:アメリカ・ニューヨーク州
  • 生年月日:1996年9月25日
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • This Is My Desire
    • 大学新生
    • ドッグ

役どころ:ネヴァーモア学園の優等生で、歌によって人を操れるセイレーン。ネヴァーモア学園では女王的存在で、ゼイヴィアの元カノとして知られているが、別れてもやり直したいと思っている。

俳優について:アメリカ出身の女優ジョイ・サンデーは、ナイジェリアの家族の元に生まれ、高校で演劇を学びました。2014年から女優として活動しています。

エイジャックス・ペトロポラス役/ジョージー・ファーマー

俳優情報

  • 英語表記:Georgie Farmer
  • 出身:イギリス・ロンドン
  • 生年月日:2002年5月26日
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • どっくのしんさつふぁいる
    • レディ・プレイヤー1
    • トレッドストーン

役どころ:ネヴァーモア学園の生徒で、鏡を見ると石化してしまうゴルゴン族。イーニッドから好意を寄せられているが、ゴルゴン族が故に何事にも消極的である。しかし、イーニッドの”大丈夫”という言葉に安心し交際を始める。

俳優について:ジョージ・ファーマーはイギリス出身の俳優で、8歳から演技を学びました。2011年からリバプールのユニティ・シアターや、イギリスの歌手ジェシー・Jの”Who’s Laughing Now”のMVに出演し、俳優としてのキャリアをスタートさせました。

ヴァレリー・キンボット博士役/リキ・リンドホーム

俳優情報

  • 英語表記:Riki Lindhome
  • 出身:アメリカ・ペンシルベニア州
  • 生年月日:1979年3月5日
  • SNSInstagram
  • 出演作

役どころ:ジェリコの街にオフィスを構える臨床心理士。ネヴァーモア学園のウィームス校長と繋がりがあり、生徒たちのカウンセリングも請け負っている。

俳優について:リキ・リンドホームはアメリカ出身の女優、コメディアン、ミュージシャンで、アメリカ出身の女優ケイト・ミクーチと共にフォークデュオ”Garfunkel and Oates”としても活動しています。2011年にエージェントなしで短編映画に出演し、女優デビューを果たしました。

ドノバン・ガルピン役/ジェイミー・マクシェーン

Movie Poster

俳優情報

  • 英語表記:Jamie McShane
  • 出身:アメリカ・ニュージャージー州
  • 生年月日:1964年7月18日
  • SNSTwitter
  • 出演作
    • マイティ・ソー
    • アベンジャーズ
    • BLOODLINE ブラッドライン

役どころ:ジェリコの保安官でタイラーの父。森で発生している連続殺人事件を追っているが、モンスターの仕業と思しき形跡が見られることからネヴァーモア学園の生徒の関与を疑っている。”のけ者”に異常なまでな怒りを感じている。

俳優について:アメリカ出身の俳優ジェイミー・マクシェーンは、1997年から俳優として活動しています。ドラマ「BLOODLINE ブラッドライン」では、マルタ・ファルコン賞を受賞しました。

PR

アダムス・ファミリー

モーティシア・アダムス役/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

俳優情報

  • 英語表記:Catherine Zeta-Jones
  • 出身:ウェールズ・スウォンジー市
  • 生年月日:1969年9月25日
  • SNSTwitterInstagram
  • 出演作
    • マスク・オブ・ゾロ
    • シカゴ
    • オーシャンズ12

役どころ:ウェンズデーの母。ネヴァーモア学園の卒業生で、夫ゴメスとは学生時代に出会った。真っ黒なロングヘアと黒いドレスが特徴的。

俳優について:キャサリン・ゼダ=ジョーンズはイギリス出身の女優で、11歳から舞台に立ち始め、15歳の時にロンドンに移住しました。1992年に「コロンブス」でハリウッドに進出すると、「マスク・オブ・ゾロ」で一躍注目を浴び、映画「シカゴ」ではアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

ゴメス・アダムス役/ルイス・ガスマン

俳優情報

役どころ:ウェンズデーの父。ネヴァーモア学園の卒業生で、学生時代にモーティシアと出会い恋に落ちる。モーティシアを心底愛しており、学生時代には身を挺して彼女を守った。

俳優について:プエルトリコ出身の俳優ルイス・ガスマンは、俳優になる前は若者向けのソーシャルワーカーやイベントアレンジャーとして働いていましたが、1997年に映画「Short Eyes」で俳優デビューを果たします。その後は、「特捜刑事マイアミ・バイス」や「ブラック・レイン」で広く知られるようになりました。

ハンド役/ビクター・ドロバントゥ

俳優情報

  • 英語表記:Victor Dorobantu
  • 出身:ルーマニア・プラホヴァ県出身
  • 生年月日:1997年3月5日生
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • ウェンズデー

役どころ:ウェンズデーの学生生活の見張り役として両親が派遣した”手”。手のため言葉を発することこそないが、ジェスチャーで意思の疎通ができる。手ではあるものの、あくまで人として扱われたいと思っている。

俳優について:ビクター・ドロバントゥはルーマニア出身の俳優、パフォーマー、マジシャン、モデル、コンテンツクリエイター、TVパーソナリティー、イベントエンターテイナー、起業家です。中でもマジシャンとして知られており、数々のTVやショーに出演しました。

フェスターおじさん役/フレッド・アーミセン

俳優情報

  • 英語表記:Fred Armisen
  • 出身:アメリカ・ミシシッピ州
  • 生年月日:1966年12月4日
  • SNSTwitterInstagram
  • 出演作
    • サタデー・ナイト・クラブ
    • ビッグマウス
    • ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

役どころ:ゴメスの兄で、ウェンズデーの叔父。スキンヘッドで目の周りがクマだらけなおぞましい見た目をしているものの、ウェンズデーのことは溺愛している。盗みが得意。

俳優について:フレッド・アーミセンはアメリカ出身の俳優、ミュージシャン、コメディアンで、祖父は韓国系日本人で舞踏家の邦正美です。アメリカのパンクバンド”Trenchmouth”で、ドラマーを務めています。最初はミュージシャンとしてキャリアをスタートさせ、1997年頃から俳優としての活動を始めました。

パグズリー・アダムス役/アイザック・オルドネス

俳優情報

  • 英語表記:Isaac Ordonez
  • 出身:アメリカ・カルフォルニア州出身
  • 生年月日:2009年4月15日生
  • SNSInstagram
  • 出演作
    • リンクル・イン・タイム
    • 7th & Union
    • ウェンズデー

役どころ:ウェンズデーの弟。気弱ないじめられっ子で、いつも姉ウェンズデーに助けられている。

俳優について:アメリカ出身の子役兼モデルのアイザック・オルドネスは、TVCMのモデルとしてキャリアをスタートさせました。

PR

【ウェンズデー】について

【ウェンズデー】の試聴時間は記録的

【ウェンズデー】は、30年前に公開された【アダムス・ファミリー】(1992)のスピンオフドラマです。物語の主人公はアダムス・ファミリーの長女ウェンズデーですが、両親と弟、ハンドを始めとするお馴染みのアダムス・ファミリーも登場します。

そんな【ウェンズデー】は、Netflixにおいて1週間の試聴時間が史上最長のドラマとなりました。たった1週間で3億4000時間以上という驚異的なペースで視聴時間を伸ばしており、すでにNetflixの記録を塗り替えています。

これは、現在Netflixで最長視聴時間である”28日間で11億5000万時間”の記録を持つ、【ストレンジャー・シングス 未知の世界】(2016)を凌駕する勢いです。

PR

【アダムス・ファミリー】(1992)の監督オファーを断ったティム・バートンが監督を務める

【ウェンズデー】では、全8話中4話をティム・バートンが監督を務めました。ティム・バートンといえば、【シザーハンズ】(1991)や【チャーリーとチョコレート工場】(2005)などで知られる映画監督であり、ダークファンタジー界の奇才です。

【ウェンズデー】もティム・バートン色が全開の作品なので、彼の作品を知っている方ならその作風に気づくこと間違いないでしょう。

今回【アダムス・ファミリー】(1992)のスピンオフドラマの監督オファーをティム・バートンが受けたのは意外で、【アダムス・ファミリー】(1992)の監督オファーを断った過去のあるティム・バートンが、まさかスピンオフドラマの監督オファーを受けるとは思いも寄りませんでした。

これについては、原作・製作を務めるアルフレッド・ガフとマイルズ・ミラーでさえも驚いたようで、彼らもダメ元でティム・バートンに監督オファーをしていたとのこと。

それでもティム・バートンが【ウェンズデー】の監督オファーを受けたのは、ドラマという形だったのが大きいようで、映画のように1時間45分の縛りを受けないことこそが最大の決め手となったようです。8時間にも及ぶティム・バートン作品は初めてだったので、終始ワクワクしながらウェンズデーと共に謎解きをしていくのがおもしろい体験でした。

PR

ウェンズデーの世界観と個性的なキャラクターが最高!

【ウェンズデー】の最大の特徴は、何といっても主人公であるウェンズデーのゴシックな世界観と、個性豊かなキャラクターたち。ウェンズデーはカラフルなものがとにかく嫌いで、身の回りのものは全て黒か白のモノトーンで構成されています。

ネヴァーモア学園の制服は、通常の青と黒のストライプから黒と紺のストライプの特注にしてもらったほどの徹底ぶりです。ウェンズデーの世界観はどこまでもダークで彼女を取り巻く全てのものがダークに染まっており、ウェンズデーがダークそのものを象徴しています。

中でも、ウェンズデーの冷酷な態度と周囲との温度差は痛快です。ウェンズデーは笑わないしハグも避け、群れることをも嫌いましたが、そんなウェンズデーも次第にタイラーの気持ちを受け入れキスをするなど”人並み”な一面も見せてくれました。

ただ、キスをした瞬間にタイラーが”ハイド”だと気づき「最初のキスの相手が怪物とは」とちょっぴりショックを受ける姿も可愛らしい一面でした。

また、ネヴァーモア学園は”のけ者”たちの学校ということもあって生徒は人間ではありません。吸血鬼に人狼、セイレーンやゴルゴンなどそれぞれ異なる能力を持っているのが特徴ですが、【ハリー・ポッター】シリーズのように超能力や魔法が常に飛び交っているという訳ではありません。

PR

ボートレースではセイレーンが能力を使って勝とうとしたり、芸術家という肩書のゼイヴィアが紙に書いた蜘蛛を出現させたりと、ちょっとしたファンタジックなもので、イーニッドのように、狼人間なのに変身できずプレッシャーを抱える子(最終的には変身出来た)や、養蜂家を自負するユージーンのような臆病な落ちこぼれ生徒もいます。

種が違うので仲間同士でいることがほとんどでモメることも多かったのに、最後は彼らが団結し学園を守り切り、その中心にはウェンズデーがいました。

初めはひとりがいいと言ってイーニッドとモメたウェンズデーが、次第にひとりでいることの寂しさや悲しさを感じるようになり、最後はイーニッドとハグを交わすという”人らしさ”が出てきたのです。この変貌は、ウェンズデーが最後まで書き上げた小説にも影響しているかもしれません。

PR

【ウェンズデー】シーズン2について

ウェンズデーは、エヴァーモア学園がある町ジェリコで起こった殺人事件の真相に迫り、シーズン最終話ではネヴァーモア学園の教師ソーンヒルがジェリコの創設者ジョセフ・クラックストーンの子孫で死んだはずのローレル・ゲイツあることを突き止めました。

ソーンヒルは、学園を恐怖に陥れた怪物”ハイド “を使って生徒を殺害し、ジョセフ・クラックストーンを蘇らせるために必要な”体のパーツ”を集めさせました。最後にソーンヒル(ローレル)は”養蜂家の連携”で倒され、ハイド(タイラー)は捕まりましたが、まだまだ疑問は残されたままです。

タイラーは捕えられ厳重に拘束されて車の中でハイドに変身しました。タイラーは拘束を解いて逃げ出したのか?また、学園を後にしたウェンズデーのスマホに画像と共に届いた「お前を見ている」という脅迫メッセージは誰が送ったのか?

2023年1月、【ウェンズデー】のシーズン2への更新が発表されました。米紙VARIETYによれば、【ウェンズデー】のシーズン2の撮影は2024年の4月からアイルランドで開始されるとのこと。

まだシーズン2の配信日はわかっていませんが、シーズン1の撮影期間と同じくらいだとするならば、シーズン2もシーズン1同様に2024年の年末頃までかかりそうです。

©Netflix
本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況は[Netflix]  にてご確認ください。