【スーパーガール】シーズン5第7話・8話ネタバレ。取り戻した絆と失われた絆。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【スーパーガール】シーズン5第7話・8話ネタバレ。取り戻した絆と失われた絆。

「スーパーガール」出典:Amazon.co.jp

Writer: Ojikan

【スーパーガール】シーズン5第7話・8話ネタバレ。ついにリバイアサンのリーダーであるラマ・カーンが現れました。彼は大地を自在に操る能力を持ち、大災害を引き起こして地球を守り続けてきました。またしてもラマ・カーンは地球を守るべく、ナショナル・シティにて大災害を引き起こすことに。時を同じくして、レナの”ノーン・ノケーレ計画”もいよいよ始動の準備が整い、ナショナル・シティは大波乱の展開を迎えます。

「スーパーガール」の記事一覧

スポンサーリンク

【スーパーガール】シーズン5第7話

リバイアサンのリーダー登場

リバイアサンはレナからメダルを取り返そうと必死ですが、テクノロジーを駆使するレナを相手に手こずっていました。

すると、痺れを切らしたリバイアサンのリーダーであるラマ・カーンが直々にレナの元を訪れ、メダルを返すように迫ります。

しかしそこへスーパーガールが駆けつけ、メダルを取り返すことはできませんでした。

ラマ・カーンは大地そのものであり、意のままに大地を操ることができる。
幾度となく歴史にも残るような自然災害を引き起こしてきたが、全ては地球を守るためだった。

DEO(特異生物対策局)に戻ってきたスーパーガールとレナは、アレックスとブレイニーにラマ・カーンの件を報告をします。

ラマ・カーンにはスーパーガールの攻撃も通用しないことから、レックスの武器が保管される”孤独の要塞(スーパーマンの基地)”に武器を取りに行くことに。

スーパーガールは、孤独の要塞にレナも連れて行くことにしました。

そこでカーラは、レナから「レックスを殺したのは自分」だと、真実を打ち明けられます。

ヒント

カーラが倒したように思われたが、実際に殺害したのはレナだった。

落下したレックスは次元ポータル・ウォッチで安全な場所へと逃げており、先を越して待ち受けていたレナがトドメを刺したのです。

実の兄を自ら殺害したのはカーラなど大切な人を守るためでした。

それ故にレナは、カーラに正体を隠されていたことを裏切り行為だと感じ、彼女を許すことができず自らが受けた苦しみを味合わせるべく、カーラを許したふりをしていたのです。

そして、全てを打ち明けたレナはスーパーガールの動きを封じると、全宇宙を奴隷化できるほど強力な洗脳装置”ミリアド”を持ち去ってしまいました。

兄弟の絆

マレフィクを近くに感じていたジョンは、助言を求めて父ミリンを呼び出しました。

するとミリンはマレフィクはこの街で囚われていると明かし、ジョンがマレフィクを近くに感じていたのは正しかったことが判明します。

しかし、ジョンはマレフィクの対処に悩んでいました。

マレフィクと絆を結ぶか、再びファントム・ゾーンに送るか……。

ただ、マレフィクと絆を結ぶとジョンは無防備になるため、自身はもちろんのこと周囲の者にまで危険が及ぶ可能性がありました。

それでもジョンは覚悟を決め、念のためファントム・ゾーン・プロジェクターを手にマレフィクの元を訪れます。

マレフィクは、無防備になったジョンを襲うつもりで絆を結びましたが、絆から真実を知り兄を許したのです。

 【スーパーガール】シーズン5第8話

ノーン・ノケーレ計画が始動

強大なパワーを持つ洗脳装置”ミリアド”を手に入れたレナは、ついに”ノーン・ノケーレ計画”を始動させます。

”ノーン・ノケーレ計画”とは、人々から攻撃性を取り除き、AIのように論理性や道徳性を重んじるようにプログラムし直すというもの。

ノークウェイ山にあるレックスの基地にて、レナとホープは着々と準備を進めていきます。

レナのノーン・ノケーレ計画には悪意こそないものの、反社会的な洗脳装置である”ミリアド”を使用することに問題がありました。

事態を把握したDEO(特異生物対策局)のアレックスは、レナを止めるための手段は選ばず、彼女のいる基地に衛星攻撃を仕掛けようとします。

何とかしてレナを救いたかったスーパーガールは、マレフィクのQウェーブで相殺する方法を提案し、マレフィクは罪滅ぼしの機会になると快諾しました。

ラマ・カーンが動き出す

地球の守護者であるラマ・カーンは、地球を守るためには己のことしか考えない人類が不要であると考えていました。

ラマ・カーンは、これまでにも沢山の災害を引き起こしており、今回も2000年ぶりに惑星が1列に並ぶタイミングを狙い、ポンポイ消滅の再現として大噴火を引き起こそうと考えていたのです。

ポンペイ消滅とは、イタリアのナポリ近郊にあった古代都市ポンペイで、地震が起因して起きた大噴火により多くの人が亡くなった災害のこと。

そのためにはメダルが必要不可欠でしたが、アンドレアの能力でも代用することが可能でした。

ラマ・カーンはアンドレアの元を訪れ、リバイアサンに協力するよう伝えます。

大切なものを全て失ったアンドレアはリバイアサンには2度と協力しないと豪語したものの、最後の仕事としてラマ・カーンの言いなりにされてしまいました。

そして、ついにその時が訪れます。

レナのノーン・ノケーレ計画が始動する中、ナショナル・シティは地震に見舞われ火山が噴火し始めたのです。

 新たな宿敵”リバイアサン”

これまで隠されていたリバイアサンの謎が明らかとなり、ついにはリーダーのラマ・カーンが姿を現しました。

ラマ・カーンは大災害を引き起こすほどの能力を持っていますが、他のリバイアサンのメンバーもかなりの能力者であることが予想されます。

ガメムナエなどまだ能力が明らかになっていないメンバーも多く、一体どんな能力を持っているのかが楽しみです。

しかし、そんな彼らでさえも何者かに指示を受けて行動しているようなので、彼らの上にはどんな存在が待ち受けているのかも気になります。

いずれにせよ、リバイアサンは今後スーパーガールの脅威となることは間違いないでしょう。

また、レナの”ノーン・ノケーレ計画”を止めるべく強行に出ようとしたアレックスを止め、レナを傷つけない方法で解決したのはカーラらしさを感じられて良かったです。

レナの計画を失敗に終わりましたが、彼女が今後どんな行動に出るのか注目したいポイントです。

このままカーラとレナの友情が終わってしまうのはとても悲しく、時間はかかってもまた2人が友人に戻れることを願います。

次回9話は、クロスオーバー回”クライシス・オン・インフィニット・アース”のパート1となっています。

フラッシュやバットウーマンなどDCのスーパーヒーローが集結してどんな展開を迎えるのか、こちらも是非ご注目下さい!