【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第5話ネタバレ。結末はどれも同じ? チャックが目論む惨状とは!? | Dramas Note
アクション サスペンス ダークファンタジー ホラー 海外ドラマ

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第5話ネタバレ。結末はどれも同じ? チャックが目論む惨状とは!?

出典:www.amazon.co.jp

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第5話ネタバレと考察。

ポジティブなディーンに対し、サムは狩りがあまりにも簡単に進んでいくことに違和感を覚えていた。

更に、サムが見る悪夢にもいくつかのパターンがあり、この悪夢の正体もチャックと繋がっていることが判明する。

ディーンとサム、2人の運命を握るのは!?

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第5話ネタバレ

唯一の生存者

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)ネタバレ全エピソード一覧。随時更新!
【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)全ネタバレエピソード。魔物ハンターとして、仲間に助けられながら、しかし時…

ある夜、大学卒業を控えた仲良し3人組の女性たちが、コロラド州で恒例のキャンプを行ってた最中、何者かに襲われアシュリーという女性以外の2人が殺害される事件が発生。

新聞にはヤマネコに襲われて2名が死亡したと書かれていたが、その後死者は5名になった。

2人は事件を調査するためコロラド州に向かったが、サムは車のなかで再び悪夢を見る。

白いスーツを着て座っているサムの後ろからディーンがコルトでサムの頭を撃ち抜く。しかし、サムには効かない。赤い目をしたサムは「結末は同じだ」と言いディーンを焼き殺した。

今回、2人はFBIではなく魚類野生生物局の局員として保安官事務所に立ち寄る。

保安官によると、ヤマネコに襲われたというのは世間の見解で、実際には動物に襲われた形跡がなく現場は綺麗で引き裂いた様子もないとのこと。

現在捜査中だが、報道発表が必要だったためヤマネコに襲撃されたということにしたらしい。

2人は捜査資料と被害者の遺体写真の確認許可を得ると同時に、アシュリー・モンローという女性が生存していることを知る。

アシュリーは、キャンプをしていた3人組のうちの1人で、怯えているせいであまり話さないと言う。

ディーンとサムはアシュリーから事情を聞くため病院を訪れた。

アシュリーは、左頬に10cmほどの切り傷を負っていたが、命に別状はない。

彼女を守るという約束で、ディーンはアシュリーから襲われた時の状況を聞いた。

話によると、アシュリーを襲ったのはカギ爪と牙があり誰にも話すなと警告されて逃がされたと言う。

アシュリーを襲ったのは、アンディ・メイという男。

アンディは狼人間で、事件の夜が満月ではなかったことから彼は純血種だと断定した。

狼人間

ディーンとサムはアンディの住所を調べ、魚類野生生物局員として訪問した。

アンディは兄のジョシュと2人で、事件現場の近くで暮らしている。

ディーンとサムが2人に質問すると、アンディはつい口を術せて「よく夜に森に行くからちからになれる」と言ってしまう。

すかさずジョシュが「罠を仕掛けに」とフォローするがもう遅い。

サムが、連絡先を書いて欲しいとメモと銀のペンをジョシュに渡したが、電話はないと拒んだことが決定打となった。

狼人間の弱点は銀。サムが差し出したペンが銀製のものだったため触らなかった。

彼らは被害者を襲った狼人間に間違いない。

すぐにでも2人を狩ろうと考えたが、アシュリーから退院するとの連絡が入り病院に向かう。

ディーンとサムは万が一を考え、借りているモーテルの部屋で彼女を保護することにした。

しかし、アンディとジョシュはアシュリーの口を封じるため、彼女の匂いを辿ってモーテルの前まで来ていたのだ。

ディーンとサムは、アンディらを狩りに出ようとしたがアシュリーから「眠りにつくまで傍にいてほしい」と頼まれ、サムが食事に出ている間ディーンが彼女を守ることにした。

ところが、アシュリーの話を聞いているうちに、ディーンは眠ってしまう。

食事から帰ってきたサムがディーンを起こすが、隣のベッドからはアシュリーの姿が消えていた。

アンディたちに連れ去られたアシュリーを助けるため、2人はアンディの家に向かうがひとつ不可解なことがあった。

ディーンに気づかれずにどうやってアシュリーを連れ出したのか?

また、サムも仕事が簡単に進みすぎることに不信感を抱いていた。

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】シーズン15(ファイナル)第5話の結末まで

弟が兄を射殺

ディーンとサムは、アンディの家でアシュリーを救出するも、ジョシュとアンディに襲われてしまう。

銀の弾を込めた銃を弾き飛ばされ、ディーンはジョシュにサムはアンディを相手に苦戦を強いられる。

アンディは床に落ちていた銃を拾い上げると、サムに銃口を向けた。

ところが、銃弾に倒れたのはサムではなくジョシュだった。

アンディは人を襲わないと決めていたが、ジョシュは違ったのだ。

「約束したのに兄はやめなかった。怪物になったんだ。僕も怪物だ。」

そう言うと、アンディは自分の腹に銃弾を撃ち込んで命を絶った。

さらに、ディーンはアシュリーを支えようとしたが、彼女がディーンの腕を振り払って床に倒れた瞬間、落ちていた鹿の角に突き刺さって死亡してしまう。

しかし、彼女は「こんなの最低」と言って起き上がり、体に刺さっている鹿の角を簡単に抜いた。

君は何者だ!?

リリス復活

アシュリーの正体はリリスだった。

彼女は虚無で熟睡してたが神に起こされたとのこと。

物語に沿わなくなるからディーンとサムは殺さない、その代わりに”魔法の銃”を渡すよう言ってきたのだ。

魔法の銃は、シーズン14の最終話でサムがチャックを撃った銃のこと。撃った本人が撃たれた相手と同じ傷を負うもので、元々はディーンにジャックを殺させるために神が渡した特別な銃。

さらに今回の事件も、すべてチャックのシナリオ通りで”狼人間の兄殺しと自殺”を見させるためだったことが分かり、ディーンは苦悩の表情を見せる。

しかし、殺されないとは言えリリスの力は強大なもの。

2人は一瞬にして吹き飛ばされ、サムは意識を失ってしまった。

ディーンはサムを守るために、銃を隠してある場所にリリスを連れていく。

その頃、サムは再び悪夢を見ていた。

正気を失ったディーンがサムの首を掴んで持ち上げる。ディーンの腕にはカインの刻印があり、目も黒くなった。そして、カインの剣でサムを刺す。

一方で、ディーンは借りているモーテルの部屋にリリスを連れていくが、元々リリスに銃を渡しつもりはなかった。

ディーンは殺されるのを承知で、サムからリリスを引き離したのだ。

ところが、リリスはそれが通じる相手ではない。

凌遅刑という永遠に切り刻まれて死ぬという方法を使って、銃の在り処を喋らせようとした。

そんな中、サムがモーテルに到着。

悪魔封じの銃でリリスの額に一発食らわせ、彼女が動けない隙に逃げようとしたが、悪魔封じは一時的なもので、相手はリリスと言うこともありすぐに封印は破られてしまう。

外に出たもののリリスの罠にはまり、動けなくなってしまった。

リリスは、「外で使うかもしれないから隠れ家にもモーテルの部屋にも置いてない」と推理し、それならば車にあるはずと狙いを定めた。

彼女が推理したとおり、魔法の銃は車のダッシュボードに入れられていた。

サムは、持って行っても奪い返すと言うも、リリスはその場で銃を溶かして消えて行った。

神をも殺せる魔法の銃は、ただの鉄の塊となってしまった。

その後、隠れ家に戻った2人はチャックが復活したこと、自分たちを殺さない理由について話し合う。

その結果、神が望んでいる結末は自分たち兄弟が殺し合うことだと結論づけた。

そこでサムは気づいた。

終わり方は同じ 僕らが殺し合う 複雑なトラウマのせいだと思ってたけど 違うかも チャックが描く結末を僕が見てるとしたら?何種類も。この傷だよ チャックを撃ったのは銃弾じゃなくて 僕の一部だ だから何らかのつながりができたのかも 分からないけどチャックの頭の中を見てる?

出典:【スーパーナチュラル】ファイナルシーズン第5話から引用

公式サイト

それを聞いてディーンは落胆する。

決着をつけて終わらせて解放されたと思ったのに、また神のシナリオ通りの人生を送らなければならないのかと……。

スポンサーリンク

【スーパーナチュラル】ファイナル第5話の解説と感想

本来なら魔物退治に苦戦を強いられるものでしたが、今回は狼人間の正体やアジトもすぐにわかったりと簡単過ぎて、逆に何かあるんじゃないかと思っていましたが、やはりチャックでした。

チャックは、ディーンとサムの結末以外に興味がないのか、いま兄弟が送っている生活の流れは結末に行きつくまでの単なる過程でしかなく、そこに刺激はいらないと言わんばかり。

このままではmディーンとサムは本当にチャックが願う通りになってしまいます。

ただ、サムとチャックが繋がっているとするならば、何らかの解決方法が見つかるような気もします。

しかしながら、神の存在がここまでえげつないとは……。

チャックはなぜこんなにウィンチェスター兄弟に固執するのか?

スポンサーリンク

ミニ情報

2020年3月に、ディーン役のジェンセン・アクレスやカスティエル役のミーシャ・コリンズら【スパナチュ】キャスト数名を乗せた飛行機がエンジントラウルを起こし、緊急着陸するというあわや大惨事となる事故が発生。

飛行機はサム役のジャレット・パダレッキの自家用機で、彼らはファンイベントに向かう途中だったらしいです。

でも、自家用機の持ち主であるジャレット・パダレッキ自身は乗ってなかったとのこと。

大惨事になってたら、チャックの描く結末とは違ってしまったかも!?

みなさん、無事でよかったです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Dramas Note