【リバーデイル】シーズン5第7話ネタバレと解説。リバーデイルに漂う事件の匂い。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5第7話ネタバレと解説。リバーデイルに漂う事件の匂い。

作品紹介

【リバーデイル】シーズン5第7話ネタバレと解説。ベティたちが沼で発見した遺体はポリーではなく、記録のない身元不明の少女のものでした。これを皮切りに、沼からは行方不明の少女など多数の遺体が発見され始めることに。また、リバーデイルを復興させるべくアーチーは消防隊、ヴェロニカは独自通貨をスタートさせるのですが……。

© Netflix,lnc.|© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年3月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品
Amazon.co.jp: リバーデイル <シーズン4> (吹替版)を観る | Prime Video
アーチーの父フレッド・アンドリュースの突然の悲報。悲しみに暮れるなか、リバーデイル高校には秩序、規律、罰則を重んじるハニ…

「リバーデイル」を検索 ➤
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン5/第7話あらすじ

ポリーの捜索で沼にやって来たベティたちが発見した遺体はポリーではなく、3年前に死亡したと見られる身元不明の少女のものでした。

しかし、ポリーの携帯が沼から見つかったことから、ベティはやはり沼を捜索必要があると考え再び沼に向かいます。

ところが、そこにハイラムたちが現れ追い返されてしまいます。

ベティはそこは一旦引き、その日の夜にひとりで沼に向かいました。

すると、そこで沼の警護をしていたレジーから衝撃の真実を告げられたのです。

アーチーは家を放火されたのを機に、リバーデイルでの消防隊の復活を唱えます。

ボランティア隊員として将校養成課程の生徒が加わり、ヴェロニカの助けを借りてNYの消防士をトレーナーにつけ、早速トレーニングを始めました。

そんな矢先、町のビリヤード場で放火が起きているとアーチーたちが呼び出されます。

燃え盛る炎の中に生存者が残っていると聞いたアーチーは、生存者を救助するべく炎の中に飛び込みます。

ヴェロニカはリバーデイルを壊滅させようと企むハイラムに対抗すべく、新たなプランを考えました。

それは、自身が担任を務める経済学の授業の一環として、リバーデイル限定の独自通貨を発行すること。

これにより、リバーデイルの経済が回り不況から脱却することが可能になるとのことでした。

まずは、経済学の生徒たちにヴェロニカがリバーデイルに出店する宝石店の開業準備を手伝わせ、その給料を独自通貨”リバードル”で支払います。

そのリバードルは、ポップの店や映画館など町の店で実際に使用が可能で、店側はヴェロニカを通して換金できるというもの。

その効果はすぐに現れ、5万ドル分のリバードルが町に流れて好調な滑り出しに見えました。

ところが、欲をかいた生徒たちに1万ドル分ものリバードルを刷られた挙句、リバードルの帳尻が合わないなど、ヴェロニカにとって前途多難なスタートとなります。

【リバーデイル】シーズン5/第7話の解説

消防隊と独自通貨がスタート

アーチーは消防隊の設立、ヴェロニカは地域通貨のリバードルを発行して、共にリバーデイルの復興を目指します。

最初こそは難航するかと思われた消防隊の復活でしたが、ヴェロニカやケヴィンなどの助けを受けて見事に再起することができました。

特にヴェロニカの存在は大きく、アーチーはまたしてもヴェロニカに助けられることになりました。

一方で、ヴェロニカはリバーデイルの経済を回すための地域限定通貨”リバードル”の発行を開始。

早くも5万ドル分のリバードルを町に流通させることに成功し、出だしは好調かに見えたヴェロニカのプランでしたが、生徒とハイラムによって前途多難のスタートとなりました。

むやみにリバードルの発行枚数を増やしたのは生徒の仕業でしたが、偽札に関してはハイラムの関与を疑ったのです。

沼から続々と遺体が見つかる

ベティたちは、行方不明のポリーの捜索を続ける中、思わぬ形で次々と遺体を発見することに。

遺体は身元不明や行方不明の少女のものだと判明し、共通点が少女ということから、ベティは連続殺人などの事件の可能性が高いと考えます。

遺体のいずれも沼から発見されているうえ、ポリーの携帯も同じ沼から見つかっているため、まだまだ沼には秘密が隠されている可能性が高いです。

そして、沼を捜索しようとしたベティたちを追い返しているハイラムの意図が気になるところ。

わざわざライフルまで手にしてやって来ていることから、ハイラムには沼を捜索されるとよほど困る事情があるのは間違いないと言えるでしょう。

【リバーデイル】シーズン5は、2021年3月現在、Netflixで毎週木曜日に新エピソードが配信されています。

【リバーデイル】シーズン5/第7話の感想

リバーデイルの復興のため、お互いに全力を尽くすアーチーとヴェロニカですが、共に志も同じことから再び2人の仲が深まってきているように感じました。

旧友だからといっても多額の資金提供や消防車のプレゼントまでして、ヴェロニカの夫チャドの耳に入ったらただ事では済まないでしょう。

そもそもヴェロニカとチャドの関係には亀裂が入っているようなので、もしこれらが公になれば離婚は避けられないと思います。

一方で、アーチーは現在フリーとは言えベティとの関係もあるので、この辺りの人間関係がどうなっていくのかも今後注目していきたいポイントです。

そして、沼から身元不明の少女や行方不明の少女の遺体が次々と発見されたことには驚きました。

しかも、沼から発見された遺体がどれも少女の遺体なのが偶然とは思えないですし、沼の捜索に来たベティたちをライフルを構えて止めたハイラムの意図も気になります。

何故そこまでして沼を守るのか、あの沼とハイラムには深い関係があることは間違いなさそうです。

未だ行方不明のポリーの安否、事件に巻き込まれている可能性についても腑に落ちません。

またしてもリバーデイルから事件の匂いがします。

今後の展開から目が離せません!