君子盟

作品情報

原題 君子盟
製作年/製作国 2023年/中国
キャスト ジン・ボーラン、ソン・ウェイロン、ホン・ヤオ、グオ・チョン、ワン・ドゥオ、ジャン・シュールン、シー・ユエリン

バディ

「君子盟(くんしめい)」27話・28話・29話(最終話)のネタバレ感想|心が揺さぶられる最終話まで

「君子盟」第27話・第28話・第29話(最終話)のネタバレあらすじ。すべての悪事が太后の権力欲から発したことが判明しました。辜清章は自分のものを取り戻すまでと復讐を誓いますが、その復讐は民衆を混乱させ巻き込んで顧みないものです。友情か、正義か。蘭珏はどちらを選ぶのでしょうか。そして張屏は?
バディ

「君子盟(くんしめい)」24話・25話・26話のネタバレ感想|過去の事件総括つき

「君子盟」第24話、第25話、第26話のネタバレあらすじです。摩籮村の事件と鏡湖氏はどんな関係があるのか。呪禁科で毒に侵され倒れた二人を救ったのは、かつて蘭珏の知己だった辜清章でした。
バディ

「君子盟(くんしめい)」21話・22話・23話のネタバレ感想|第七の事件・解説

「君子盟」第21話、22話、23話のネタバレあらすじ。摩籮 (モールォ) 村の事件はおおむね全容が見えてきました。太后の命により、玄機らが実行犯として、孔明灯を使い、上空から毒を散らし、村人たちを殺したのです。しかし、なんのために? そして蘭林はどうして通敵叛国の罪に問われたのか……
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」17話・18話・19話・20話のネタバレ感想|第六の事件・解説

「君子盟」第17話、第18話、第19話、第20話のネタバレあらすじ。玄機の言に因れば、20年前の摩籮村で起きた事件は張屏の母によって蘭珏の父が騙され、南棟軍との戦に敗れるきっかけを作ったことによる……
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」14話・15話・16話のネタバレ感想|前回の種明かし

「君子盟」第14話、第15話、第16話のネタバレあらすじです。二十年前に起きた摩籮村の事件は、どうやら背後に玄機がいたことは確実な様子です。蘭林が南方に向けて出発した際、時を同じくして玄機は、孔明灯政策の匠である常巍と血霧の毒を操る二皮匠を連れて、摩籮村へ向かったようです。そして、村人たちを毒殺した……
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」10話・11話・12話・13話のネタバレ感想|第五の事件・解説

「君子盟」第10話、11話、12話、13話のネタバレあらすじと第5の事件解説。連続毒殺事件はどうやら、二十年前 摩籮 (モールォ) 村で起きた事件と関わりがあるようです。そしてその事件に蘭珏の父・蘭林が巻き込まれたのではないかという疑いが出てきました。
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」8話・9話ネタバレ感想|第五の事件・解説

「君子盟」第8話、第9話のネタバレあらすじと第5の事件解説。画聖・偉茂の最後の作品に描かれる、都で一番才能のある女性を選ぶ競技会が飛花閣で行われました。
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」5話・6話・7話のネタバレ感想|第三の事件・解説

蘭珏は南棟国へ送った密書の件を、なんとか不問にすることが出来ました。同時に政敵である郭允を追い落とすこともでき一安心です。ですが、忠魂岡で復讐を果たそうとした璃娘から、命がけで彼を守ってくれた張屏は、背中を刺され…
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」2話 3話 4話のネタバレ感想|第二の事件真相・解説

大雍国の礼部侍郎・蘭珏は、密書を越梁国の商人・洪羅の手からなんとしても取り戻さなければなりませんでした。周到に準備した計画でしたが、捜査や推理が好きな貧しい書生・張屏によって阻まれてしまいます。
ブロマンス

「君子盟(くんしめい)」あらすじネタバレ全話を解説つきで最終回まで紹介

舞台となる場所は大雍国、その都の寧安城です。時代は永宣二十年。永宣帝の治世で、皇帝は幼い頃に皇帝となったため、母である皇太后氏が垂簾政治を行っていました。永宣帝は既に青年に成長していましたが、太后は政治の実権を離さず…
ミステリー

「君子盟(くんしめい)」キャストと相関図 登場人物を画像つきで一挙紹介

「君子盟(くんしめい)」あらすじとキャスト相関図を紹介。張屏は根っからの推理マニア。蘭珏は父の冤罪を晴らすために、用心深く足場を固めていく策士。かみ合わない二人のやりとりに慌てる陳籌、その様子を面白がりつつも蘭珏のことが心配でならない、世話焼きの王硯。四人の性格の違いは絶妙なコントラストを描きながら物語は進みます。