PR
PR

「馭鮫記(ぎょこうき)後編」あらすじ全話をネタバレ有りで最終回まで詳しく紹介

馭鮫記,後編,ネタバレ ファンタジー
作品情報

「馭鮫記(ぎょこうき)後編」あらすじ全話をネタバレ有りで最終回まで詳しく紹介。鮫族王子の長意に助けられた万花谷の御霊師の紀雲禾は、北淵で軟禁されます。

紀雲禾は余命僅かの状態で生き永らえており、生死を彷徨う夢の中で仙師の寧清が密室に隠している絵姿の女性と出会いました。その正体を知った紀雲禾は最期の使命を悟り、万花谷の御霊師と北淵の地仙の戦いを止めようとします。

PR

【馭鮫記:後編】全話一覧

>>「前編」のあらすじ全話一覧

20話(最終話)

読みたい話数をクリックでジャンプします

PR

1話:湖心島

© 2022 Croton Entertainment Co., Ltd.
※本記事は、物語が前後する箇所があります。

北淵ほくえん冰湖ひょうこ紀雲禾きうんかは、湖心島こしんとう雲苑うんえんにいました。

鮫族の王子の長意ちょういに助けられた紀雲禾は、そのまま長意によって湖心島の雲苑に軟禁されていたのです。これには紀雲禾の仙侍の洛綿桑らくきんそうと万花谷戦部の元統領の雪三月せつさんげつが黙ってはおらず、長意に軟禁を止めるよう猛反発します。

しかし、紀雲禾に傷つけられたことを根に持つ長意が2人の言葉に耳を傾けることはありませんでした。それでも長意は空明こうめいに治療をさせたり、滋養がつく食事を用意させます。

紀雲禾を治療した空明によれば、紀雲禾はむくろも同然の状態で、順徳仙姫じゅんとくせんき汝菱じょりょうとの戦いにより体がひどく衰弱したとのことでした。また、紀雲禾が施された天仙と地仙の霊力を体に注入することは禁忌であり、ゆえに寒霜が解けても体内で大きな反発が起きるようです。

そんな中、狐王の卿玄けいげんは長意により氷で封印されることが決まります。卿玄は仙師の寧清ねいせいと戦った際、一族を守ろうと命を賭けて皆を非難させたことで霊力を使い果たしていました。

霊力が尽きた卿玄は狐族の凝丹ぎょうたん術で何とか経脈を保っている状態だったため、氷で封じて体を守り目覚めるのを待つことにします。王女の卿瑶けいようは悲しみに暮れながらも、何としても父を救うと誓いました。

仙師府。汝菱は紀雲禾と戦いで顔に深い傷を負い、ずっと寝込んでいました。

ようやく目を覚ました汝菱は、側に付き添っていた弟で天君の汝釣じょきんの顔を見るや否や師匠の寧清のことを尋ねます。寧清が1度も来ていないことを知った汝菱は汝釣の制止も振り切り、鏡の前へと走り出しました。

汝菱は鏡に映る己の顔の醜さに絶望し、醜くなったから寧清は来ないのだと泣き喚きます。仕舞いには全て汝釣のせいだと決めつけ、顔を返せと汝釣に迫りました。

その後、汝菱の元に寧清が現れ、寧清は必ず治してやると約束して自ら治療を施します。寧清が治療に用いたのは幽虫ゆうちゅうという薬で、腐肉を取り除く代わりに凄まじい痛みを伴うものでした。

その痛みは火に焼かれるよりも痛いと言われるほどで、汝菱は痛みのあまり泣き出してしまいます。何とか治療を乗り切った汝菱は、傷を負わせた紀雲禾と長意に対して復讐を誓いました。

寧清は汝菱を気遣う反面、書斎の密室で儀式のようなことに勤しんでいました。壁に掛けられた絵姿からは青黒い煙のようなものが出現し、早く元の姿に戻らせるよう寧清を煽ります。

感想

ようやく再会を果たした紀雲禾と長意ですが、長意は紀雲禾に裏切られたと思い込んでおり、この溝が埋まるのにはまだ時間がかかりそうです。とはいえ長意の行動からは所々優しさが感じられますし、完全に紀雲禾を嫌いになったわけではないのかもしれません。

PR

2話:鮫人の烙印

© 2022 Croton Entertainment Co., Ltd.

仙師府。仙師の寧清は、書斎の密室の絵姿から現れた青黒い煙のようなものに、早く元の姿に戻すよう煽られていました。

どうやら寧清はそれと命を賭けた血の契りを交わしており、寧清の今の力もそれが授けたもののようでした。それなのにいつまで経っても約束した大乱を起こそうとしない寧清に、青黒い煙は早く大乱を起こせと苛立ちを露わにします。

そんな青黒い煙とは対照的に寧清は冷静で、大乱を起こすならとことんやると宣言しました。また、契約を盾に脅すそれに対しては、殺される前に永遠に絵の中に封印してやると余裕を見せます。

北淵。湖心島の雲苑に軟禁される紀雲禾の元に、狐族の王女の卿瑶が現れます。

卿瑶は紀雲禾の世話係をしていた侍女を通じて、紀雲禾が赤い狐火きつねびを扱うことを知り、自ら真相を確かめにやって来たのです。

赤い狐火は、卿瑶の叔母である卿舒けいしょが使っていた

卿瑶は食事を届けにきたふりをして紀雲禾に接近し、攻撃を仕掛けます。そこで紀雲禾が卿舒の隠魂針いんこんしんを扱うのを目の当たりにした卿瑶は、紀雲禾が卿舒を殺害したと勘違いします。

卿瑶が卿舒の姪だと気づいた紀雲禾は卿舒から霊力をもらったことを明かしますが、卿瑶は縁者でもない紀雲禾にそんなことをするはずかないと食ってかかりました。そして、紀雲禾の強い狐火は卿舒の霊力を吸い尽くした証拠だと結論づけ、今日こそ敵を討つと宣言します。

卿瑶が紀雲禾に更なる攻撃を仕掛けようとしたその時、2人の間に長意が現れ、卿瑶の攻撃を打ち消しました。長意は卿瑶を外に連れ出し、紀雲禾は卿舒を殺害していないことに加え、紀雲禾は自分だけの囚徒なのだとして雲苑への立ち入りを禁じます。

紀雲禾は霊力の反発により衰弱しており、日に日に体が弱っていました。いよいよ余命わずかだと悟った紀雲禾は最後の力を振り絞り、雲苑の周りに張られた長意の結界を破ろうと奮闘します。

紀雲禾は狐火の力を使って何とか結界を破ると、長意でも捜せない雪山を目指すことにしました。念願の自由を堪能する紀雲禾はとても幸せそうで、満面の笑みを浮かべながら雪原を駆け抜けます。

しかし結界が破れたことはすぐに長意に感知され、雪山を前に紀雲禾は長意に捕らわれてしまいました。それどころか、紀雲禾は長意によって鮫人の烙印を右耳につけられ、紀雲禾の居場所は長意の目が届く範囲のみだと断言されます。

感想

長意が紀雲禾につけた鮫人の烙印は、互いの五感を繋ぐもののようですが、なぜ長意がそんなことをしたのか気になります。長意からすれば、恨んでいる紀雲禾と五感を共有するメリットはないでしょうし、烙印にはまだ他にも効果があるのかもしれません。

PR

3話・4話・5話・6話あらすじ

あらすじ

鮫族王子の長意は烙印までつけて御霊師の紀雲禾を監禁しており、そのあまりにも残酷なやり方は周囲の反感を買います。そんな中、長意は北淵の長になって欲しいと狐族の王女の卿瑶から打診され、少し悩みながらも長意は北淵の長となることを引き受けました。一方、仙師府では万花谷の谷主の林旲青が順徳仙姫の元を訪れ、仙師の裏の顔に気づかせるべく書斎の密室の存在を明らかにします。

PR

7話・8話・9話・10話あらすじ

あらすじ

御霊師の紀雲禾の体は限界が近づいており、それを察知した紀雲禾は万花谷との戦いにかこつけて鮫族王子の長意に鮫珠を返し、自ら極限の衰弱状態を引き起こして寧悉語と再会を果たします。そこで紀雲禾は寧悉語と仙師の寧清の間に起きた出来事を知り、寧悉語の最後の願いを叶えるため自らの命を順徳仙姫に捧げることを決意しました。そんな中、長意はついに紀雲禾への想いを認め、紀雲禾に全て打ち明けるよう迫ります。

PR

11話・12話・13話・14話あらすじ

あらすじ

順徳仙姫の汝菱は仙師の寧清に復讐するための強大な力を求め、寧清が密室に隠す青黒い煙のようなものと契約を交わします。汝菱はそれに求められるがまま、人間界に逃げた御霊師から霊力を奪うよう腹心の朱凌に命じました。それにより万花谷の東濂長老が捕まり、谷主の林旲青は救出に向かうべく阿紀を1人で外に出す決断を下します。

PR

15話・16話・17話・18話・19話あらすじ

あらすじ

北淵は火山噴火の危機に見舞われるも鮫族王子の長意と紀雲禾が火山を制し、紀雲禾は過去の記憶をよみがえらせます。その一方では、万花谷の谷主の林旲青が青羽鸞鳥と手を組み、寒霜の源である朱厭を滅ぼそうとしていました。

  • 15話・16話あらすじネタバレ(詳細)
  • 17話・18話・19話あらすじネタバレ(詳細)
PR

最終話(20話)のあらすじ

あらすじ

後日追記

  • 最終話(20話)あらすじネタバレ(詳細)
© 2022 Croton Entertainment Co., Ltd.
本ページの情報は2024年1月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。