PR

「慶余年」シーズン2第19話・20話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第19話・20話のあらすじネタバレと感想。

春の科挙の当日、試験会場の入り口では范閑と郭錚の監督のもと荷物チェックが行われ、楊万里の荷物の中からカンニングペーパーらしきものが見つかってしまいます。郭錚は楊万里を試験会場から追い出そうとし……。

PR

「慶余年」シーズン2第19話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

范閑は郭保坤を連れて、郭攸之が投獄されている牢屋にやって来ました。

范閑は郭攸之に、郭錚からもらった冊子(春の科挙のタブーと規則が書かれている)を見せ、内容に間違いがないか確認してもらいます。

冊子に目を通した郭攸之は、規則については書かれているもののルール外のルール(?)が書かれていないことに気づきました。

郭攸之は范閑に受験生には近づかないようにと注意しますが、范閑はすでに楊万里や史闡立に接触してしまったことを打ち明けます。郭攸之は、他人の目にはそれらの受験生が范閑の門下生だと映ってしまうことを指摘しました。

范閑が屋敷に戻ると柳如玉と范思轍が待っていました。柳如玉は范閑に、范思轍を北斉に行かせないでほしいと頼みますが、范思轍は自分の成長のために北斉へ行きたいと申し出ます。范閑は自分と林婉児の結婚式に参加してから北斉へ行くように言い、范思轍は承諾しました。

春の科挙の当日。大勢の受験生が試験会場に向かう中、謝必安は楊万里の荷物の中にカンニングペーパーを忍ばせました。試験会場の入り口では范閑と郭錚の監督のもと荷物チェックが行われ、楊万里の荷物の中からメモが見つかります。

郭錚は楊万里がカンニングペーパーを持ち込んだとして試験会場から追い出そうとしました。すると、1人の侍衛が突然「自分がメモを忍ばせた」と自白します。実はこの侍衛は林若甫の配下で、試験会場で何かあれば動くようにと指示されていたのです。

郭錚は侍衛の自白を信じず、楊万里の受験資格を取り消すことを主張すると、范閑はみんなの前でメモの内容を読ませました。すると、メモに書かれていたのは軽食店のメニューの値段表でした。

楊万里は無事、科挙を受けられることとなりましたが、范閑は科挙のこの3日間のうちにニ皇子(と郭錚)が必ず罠を仕掛けてくるはずだと確信していました。

科挙の試験が始まると、受験生たちにロウソクが用意されました。郭攸之から事前に「防火がもっとも重要だ」と聞かされていた范閑はロウソクをひとつひとつ折って調べると、何本かのロウソクの中に油が仕込まれていたのです。

范閑は鑑査院が用意したロウソクと交換し、飲み水も安全な水に変え、受験生たちが使うトイレも安全なものを設置しました。

感想

息子の郭保坤が牢屋にやって来たのを見て、郭保坤が逮捕されたと勘違いする郭攸之が面白かったです。郭保坤は大好きなパパに再会できて良かったね😊

范閑が試験前に楊万里たちに接触したことで、楊万里が二皇子のターゲットになってしまいました。でも事前に手を打っている范閑は流石です。

もしもの時に備えて、配下を手配している林若甫の周到さも素晴らしい!

PR

「慶余年」シーズン2第20話のあらすじネタバレ

Movie Poster

3日間の試験中、范閑は自ら試験会場を巡査し受験生ひとりひとりを見て回りました。その際、楊万里の答案に目を留めた范閑は彼が合格することを確信します。

無事に科挙が終わり、答案用紙が回収されました。職員たちは答案用紙の名前の欄に上から紙を貼りつけ、誰の答案用紙か分からないようにした後、別の職員らが答案用紙を書き写します。

これは、採点者が受験生の名前や筆跡を識別できないようにするためのもので、採点者が不正採点することを防ぐためでした。

郭錚は配下に指示してニ皇子の門生たちの答案用紙に目印をつけようとしていましたが、范閑が最後まで目を光らせていたので何もできずに終わります。

答案用紙は採点者に届けられ、あとは採点結果を待つだけとなりましたが、何者かが楊万里の答案用紙を別の答案用紙と取り替えました。

その後、范閑のもとに試験の合格結果が届けられます。合格者名簿には楊万里の名前は載っていませんでした。

范閑が礼部へ調べに行くと、合格した答案用紙の中に楊万里の書いた答案がありました。(←范閑は科挙の巡回中に楊万里の答案を見たので内容を覚えていた)しかし、その答案用紙の名前が皇太子の門生の名前に変わっていたのです。

范閑が皇太子のもとを訪れると、皇太子はその合格者は確かに自分の門生だが自分は関与していないと主張します。范閑も皇太子のしたことだとは思っておらず、自分と皇太子を離間させるための何者かの罠だろうと睨んでいました。

范閑は皇太子とともに慶帝に謁見し、何者かが科挙の合格者の1人を皇太子の門生にすげ替えたことを報告します。皇太子は自分は関与していないと主張し、この件を調べるべきだと訴えました。

すると、慶帝は過去の科挙の不正報告書を取り出しました。范閑は過去の不正も含め自分が調べると申し出ます。

謁見を終えた范閑は突然、宦官の洪竹(拾蔬司の戴公公に仕えていた宦官)から感謝されました。洪竹はもともと穎州人で、穎州の知州に一族を殺されたが、范閑の汚職調査のおかげで知州は死刑判決を受けたとのこと。洪竹は范閑を恩人だと言って感謝しました。

感想

3日の科挙が終わりました。范閑はずっと気を張っていたのでしょう、帰りの馬車で王啓年に頭をコテンと預けて眠る范閑がとても可愛かったです!無防備な自分を見せられるほど、范閑は王啓年を信頼しているのかなと思いました。

それなのに、范閑の食事から肉を拝借する王啓年(笑)相変わらずのキャラクターで面白いです。

楊万里の答案用紙を処分し、別の答案用紙と取り替えたのは一体誰なのでしょう。チラっと映った後ろ姿は、洪竹のように見えました。洪竹は范閑を恩人だと崇めていましたが、どうにも怪しいです。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。