【狼殿下】全話のあらすじ一覧!ネタバレ感想を最終回まで! | Dramas Note
スポンサーリンク

【狼殿下】全話のあらすじ一覧!ネタバレ感想を最終回まで!

華流
©2018 New Classics Int’l Media Limited

中国ドラマ【狼殿下-Fate of Love-】全話のあらすじネタバレを感想付きで最終話まで紹介します。本作は、宿命を背負うヒロインと彼女を愛する2人の王の美しくも激しいロマンティック史劇です。3角関係に復讐劇も絡んだ3人の運命から目が離せない!

スポンサーリンク

【狼殿下】あらすじ/作品概要

煬国奎州の郡主である馬摘星は、狼に育てられた狼仔と出会い心を通わせる。

そんなある日、馬府を訪れた夏侯義が殺され、狼仔はその容疑者として追われる身に。

狼仔の容疑は晴れたものの、その後、彼は崖から落ちて生死不明となってしまう。

8年後、煬国皇帝に拾われ養子となった狼仔は冷酷な渤王となっていた……。

スポンサーリンク

全話のあらすじ一覧

【狼殿下】のあらすじネタバレを最終回まで紹介します。
(BS11は全49話/当サイトは54話版で紹介)

スポンサーリンク

1話のネタバレあらすじ

©2018 New Classics Int’l Media Limited

<プロローグ>
しん国とよう国が対立し戦火を散らした。
溍王は北方に退き守りを固めたものの、冷酷な煬王は抵抗する者を皆殺しにした。

10数年後、煬国のけい州。

狼狩ろうしゅ山に狼怪が出る”という噂が流れ、民のあいだで恐怖が広がっていました。

また、狼の血肉が百病に効くという噂も出回り、狼を狩ろうとする者も出てきました。

そんなある時、城主代理を務める馬俊ばしゅんのところに、狼狩山で狼怪を見たという1人の男が助けを求めにきます。

傲慢で支配的な馬俊は「狼怪なんているわけがない」と一蹴し、男を追い返そうとしました。

すると、義妹で郡主の馬摘星ばてきせい(リー・チン)が「怯えている民のために何とかするべき」と割って入ります。

側室の娘のくせにとブチ切れそうな馬俊でしたが、母から「馬摘星は父上のお気に入りだから弱みを握られてはいけない」と諭され、仕方なく馬摘星の言うとおりにすることに。

「どうすればいいんだ」

「もしも狼怪が見つかったなら山を封鎖し、狼を狩るのも禁止にして」

了承した馬俊は軍を率いて狼狩山へ。

無数の狼を目にし怯え切った馬俊は「山を封鎖しろ!!」と命じて一目散に逃げだしました。

馬俊の軍が去ると馬摘星は、狼狩山で暮らしている友人の狼仔ろうし(狼に育てられた青年)の前に姿をあらわします。

「狼怪の噂を流したのは私よ。山を封鎖し、狼を狩らせないため」

狼怪の噂も、馬俊をこの山に向かわせたのも、狼と狼仔を守るために馬摘星が計画したことだったのです。

「今日からはもう安全よ」

狼仔はどこまで人間の言葉を分かっているのか、ニコニコしながら馬摘星にじゃれつきます。

馬摘星は狼仔を少しずつでも人間の世界に戻してあげたいと思い、翌日 奎州の町に連れ出しました。

馬摘星は狼仔に市場を案内した後、“人間としてずっとそばに居たい”という想いを込めた影絵を見せました。

ところが、山査子飴の匂いに気を取られた狼仔は1人でその場を離れてしまいます。

お金と物を交換する概念がないため、お金を払わず山査子飴を持っていこうとして盗人扱いされた狼仔は、周囲の敵意を感じて低い唸り声を上げてしまいます。

しかし幸いにも、親切なおばさんがお金を払ってくれたため大事にはなりませんでした。

狼仔を探しにきた馬摘星はそれを見て安心しつつ、急いで謝罪に駆けつけます。

馬府。

城主であり馬摘星の父でもある馬瑛は、客人の夏候義(皇帝の義弟)を連れて帰宅しました。

風疾を患っている夏候義は、痛みによく効くといわれる狼の血肉を手に入れるため、馬府の汪家職に「狼の子を狩ってこい」と命じます。

スポンサーリンク

1話の感想

狼に育てられた男性主人公、という斬新な設定に引き込まれました。

演じる王大陸ダレン・ワンの野生みのある雰囲気が設定とマッチしていますし、それでいて、子どものような無邪気な笑顔もかわいらしく、第1話から大いに癒されました。

とりあえず何でも口に入れようとするなど、ところどころで赤ちゃんみも感じられます。

そんな彼に優しく接し、いろいろなことを教えてあげる馬摘星との掛け合いも微笑ましい限りでした。

これから狼仔がどのように人間らしくなっていくのか、2人の恋はどう進展していくのか、早くも先の展開が楽しみです。

メインキャストは旬な顔ぶればかりなのでその辺りも期待大。

馬俊役の宋文作は本作では悪役のようですが、【霓裳】では男性主人公2でしたね。本作では「いかにも悪役」といった感じの振り切った演技が気持ちよかったです。

スポンサーリンク

2話のネタバレあらすじ

©2018 New Classics Int’l Media Limited

夏候義に命じられた汪家職は、狼狩山で狼の子を捕らえて馬車・・で馬府に戻りました。

ちょうど町で馬摘星と一緒だった狼仔は、馬車・・とすれ違った際に動物的な本能で狼の子の危険を察知します。

馬摘星と別れたあと、狼仔は鳴き声や匂いをたどって馬府に到着。窓から侵入すると、夏候義が狼の子を殺そうとしていました。

同時刻。

夏候義の悲鳴とともに、汪家職の「夏候都尉が殺された!」という叫び声が馬府に響き渡ります。

馬瑛たちが駆けつけると、狼の子を抱えた狼仔が窓から出て行くところでした。

汪家職は、夏候義ともみ合いになった狼仔が夏候義を殺したと主張します。

夏候義は皇帝の義弟であるため、手下人を捕らえなければ皇帝に申し訳が立たないと思う馬瑛は「すぐに捕らえろ」と配下に命じました。

ちょうど帰宅した馬摘星はこの話を聞いて「あの子は人を傷つけたりしない!」と必死に狼仔をかばいます。

しかし馬瑛は、まずは狼仔を捕らえて公平に裁くと言うのでした。

その後、狼仔は馬家軍に捕らわれてしまったものの、護送の途中で馬摘星が身につけている鈴の音を聞いて怪力を発揮し檻を破ります。

鈴の音を頼りに馬摘星を追いかけると、彼女は「すぐに逃げて」と言いました。

しかし、狼仔はなかなか去ろうとしません。

狼仔の安全のために一刻も早く狼狩山から遠ざけたい馬摘星は、ひどい言葉で冷たく突き放して別れを告げました。

その頃、煬国の皇帝が馬府に到着します。

スポンサーリンク

2話の感想

1話はあんなにほっこりとした内容だったのに、2話はかなり胸の痛む展開でした。

狼仔は本当に夏候義を殺してしまったのでしょうか。

状況だけ見るとかなり疑わしいですが、人間を傷つけるような子ではないと信じたい!

真偽はともかくとして、大好きな馬摘星からあんなに冷たく突き放されて、狼仔はさぞかし傷ついたでしょうね。

いつか再会したとしても、1話の時のような微笑ましい関係には戻れないかも……と思うと胸が詰まります。

スポンサーリンク

3話のネタバレあらすじ

©2018 New Classics Int’l Media Limited

夏候義の泊まった部屋を調べた馬摘星は皇帝に拝謁し、「狼仔は無実で他に手下人がいる」と訴えます。

すると、汪家職があっさりと罪を自白しました。実は彼は前朝の生き残りで、李氏一族を皆殺しにした夏候義を憎んでいたのです。

そうして狼仔の無実が証明され、皇帝は馬瑛に処理を任せて馬府を去りました。

その後、馬瑛は毒酒を持って汪家職の牢屋を訪れます。

すると汪家職は、かつて前朝の公主とそのお腹の子(馬摘星の命をひそかに助けてくれた馬瑛に殺されるなら本望だと死を受け入れました。


狼狩山。

“馬摘星の鈴の音”で狼仔をおびき出して捕らえた馬俊は、「馬摘星はお前を裏切ったんだ」と嘘を吹き込みます。

次々と狼が死んでいくのを見た狼仔は怪力で鎖をほどき、馬俊を追いかけるうちに崖から転落してしまいました。

ちょうど狼仔を探しにきた馬摘星は、転落を目撃したショックで気を失います。

一方、狼仔に興味を抱く煬国皇帝は、ひそかに捜索させていた狼仔を見つけ出し、自分の駒にするべく狼仔の育成を企てます。

8年後。

毎日のように舞い込む縁談にうんざりしている馬摘星は、誰からも縁談がこないようにするための大芝居を打つことにします。

一方、8年のあいだ馬摘星を誤解したまま煬国皇帝による厳しい訓練に耐え抜いた狼仔は、煬国皇帝の養子となり、冷酷なぼつ王として知られていました。

スポンサーリンク

3話の感想

狼仔の無実が証明されて良かったと安堵したのも束の間で、結局、狼仔と馬摘星はわだかまりが解けないまま離れ離れになってしまいました。

しかも、狼仔が人間らしくなっていく過程が見たかったのに、あっという間に8年が経ってしまい残念。でも、展開が早いのは良いことです。

一方の馬摘星は前朝公主の娘だということが判明しましたが、皇帝に出自を知られたら処刑されかねないですね。

馬摘星にはどうにか平穏な日々を過ごしてほしいものです。

©2018 New Classics Int’l Media Limited
本ページの情報は2022年11月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。